ワーデル・ケゼルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワーデル・ケゼルグ
ゲイトマウス・ブラウン(右)とワーデル・ケゼルグ(1997年、ニューオーリンズのタワー・レコードにて)}
ゲイトマウス・ブラウン(右)とワーデル・ケゼルグ
(1997年、ニューオーリンズのタワー・レコードにて)
基本情報
出生名 Wardell Quezergue
出生 1930年3月12日
出身地 米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 2011年9月6日(満81歳没)
ジャンル ジャズR&Bブルース
職業 プロデューサー、編曲者、指揮者、バンドリーダー
活動期間 1950年 - 2011年
レーベル NOLAレコード、他

ワーデル・ケゼルグWardell Quezergue, 1930年3月12日 - 2011年9月6日)は、米国作曲家編曲者プロデューサー指揮者、バンドリーダー。ニューオーリンズミュージシャンの間で、「クレオールベートーベン」として知られた。

来歴[編集]

1940年代後半、デイヴ・バーソロミュー楽団で活動。続く朝鮮戦争における軍隊所属ミュージシャンとしての経歴を経て、50年代半ばにロイヤル・デュークス・オヴ・リズムで、自身の活動を開始する。また、彼はプロフェッサー・ロングヘアファッツ・ドミノら、ニューオーリンズの大物ミュージシャン達の編曲者としても活躍するようになった。

1964年にNOLAレコードを設立。同レーベルからは、ロバート・パーカーの"Barefootin'"がR&Bチャート2位のヒットを記録した他、エディ・ボーウィリー・ティースモーキー・ジョンソンらがレコードをリリースした。のちにケゼルグはキング・フロイドの"Groove Me"、ジーン・ナイトの"Mr. Big Stuff"などをレコーディングする。スタックスアトランティックらの大手レーベルが、売れる見込みがないとして興味を示さなかったのを受け、ケゼルグはこれらの曲を当時経営難だったマラコへ持ち込み、同レーベルから全国的ヒットとなったのだった。

これらの実績から、70年代にはケゼルグの編曲者として評価は高まり、またマラコ・スタジオも人気のスタジオとなった。同スタジオを使ったアーティストには、ポール・サイモンウィリー・ネルソンB.B.キングらがいる。

ケゼルグは、ドクター・ジョン1992年グラミー賞受賞作品、「Going Back To New Orleans」のプロデューサー、編曲者を務めた。既にクラシック音楽の作曲家、指揮者としての評価も得ていた彼だが、2000年には自身の朝鮮戦争における経験を基にした作品、「A Creole Mass」を発表した[1]

2005年、法律上の盲人となっていた彼はハリケーン・カトリーナで被災し、財産の殆どを失ってしまった[2]。翌年の7月30日、ドクター・ジョンが呼びかけ、R.E.M.マイク・ミルズが支援する形で、ケゼルグへのベネフィット・コンサートがシカゴで開催された[3]

2011年9月6日、鬱血性心不全のため死去[4]。 81歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]