エディー・ボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディー・ボー
Eddie Bo (2004年、彼のクラブCheck Your Bucketにて)}
Eddie Bo (2004年、彼のクラブCheck Your Bucketにて)
基本情報
出生名 Edwin Joseph Bocage
出生 1930年9月20日
米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 2009年3月18日(満78歳没)
ジャンル R&B, ブルース
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
活動期間 1955年 - 2009年
レーベル ボーサウンド
エイス
リック
アポロ
ソウルサエティ
公式サイト eddiebo.com

エディー・ボー (Eddie Bo, 1930年9月20日 - 2009年3月18日)は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のピアニストシンガー。本名は、エドウィン・ジョセフ・ボケイジ。ニューオーリンズのR&Bシーンが活況を呈していた1950年代より50年以上に渡って活躍した。

彼自身はヒットに恵まれていないが、彼の持ち歌である"I'm Wise"は、リトル・リチャードによって取り上げられ、"Slippin' and Slidin'"の名でヒットとなった。60年代の後半以降は、ファンキーなサウンドを展開し、ニューオーリンズ・ファンクの一端を担った。

来歴[編集]

母はピアニスト、また叔父やいとこがジャズ・オーケストラで活躍するという音楽一家に生まれたボーは、当初はニューオーリンズのジャズ・シーンで活動を始めた。しかしながら、やがてより稼げる選択肢として、R&Bをプレイするようになった。芸名をスパイダー・ボケイジと名乗り、彼のバンドは、ルース・ブラウンアール・キングらR&Bのスターたちのバックをつけるようになった。

1955年、エイス・レコードよりデビュー。翌1956年にアポロ・レーベルよりリリースした"I'm Wise"は、"Slippin' and Slidin'"の名でリトル・リチャードに取り上げられ、広く知られるようになった。この他、地元リック・レーベルから"Every Dog Has Its Day"、"Check Mr. Popeye"など多くの曲をリリースしているほか、チェス、チェッカーにもレコーディングを残している。

1960年代に入ると、地元の零細レーベルから単発的にシングルをリリースし続け、またアーマ・トーマスジョニー・アダムスら、他のアーティストのプロデューサーとしても活躍した。1960年代後半には、ニューオーリンズ・ファンクの原型とも言えるファンキーなサウンドを展開。1969年のスクラム・レーベルからのシングル"Hook and Sling (Parts 1 & 2) "は、ボーのそのような側面を示した快作で、彼の曲としては最もよく知られているもののひとつである。

1970年代に入ると、自身のレーベル、ボーサウンドを立ち上げてそこから作品をリリースするようになった。このレーベルは一度休眠状態になっていたが晩年に復活し、彼は再びいくつかの作品を同レーベルからリリースしている。

2003年には、自身のクラブ、チェック・ユア・バケットをニューオーリンズ市内に開店するものの、2005年ハリケーン・カトリーナで被害を受け閉店してしまった。

2009年3月19日、ボーは心臓発作により死去した[1]

ディスコグラフィー[編集]

  • 1988年 Check Mr. Popeye (Rounder)
  • 1993年 New Orleans Piano Riffs for DJs (Tuff City)
  • 1995年 Eddie Bo And Friends (Bo-Sound)
  • 1996年 Back Up This Train
  • 1996年 Oo La La, Mardi Gras (Bo-Sound)
  • 1997年 A Shoot From The Root (Soulciety)
  • 1998年 Hole In It (Soulciety)
  • 1998年 Nine Yards Of Funk (Bo-Sound)
  • 2001年 We Come To Party (Bo-Sound)
  • 2007年 Saints, Let's Go Marching In (Bo-Sound)

参照情報[編集]

  1. ^ New Orleans piano legend Eddie Bo dies at 79 (The Times-Picayune)

外部リンク[編集]