ロード オブ アルカナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロード オブ アルカナ
LORD of ARCANA
ゲーム
ゲームジャンル マルチアクションゲーム
対応機種 PlayStation Portable
開発元 アクセスゲームズ
発売元 スクウェア・エニックス
メディア UMD/ダウンロード
プレイ人数 1 - 4人
発売日 2010年10月14日
レイティング CEROC(15才以上対象)
通信機能 アドホック通信対応
デバイス メモリースティックDuo対応
関連作品
テンプレート - ノート

ロード オブ アルカナ』(LORD of ARCANA)はスクウェア・エニックスより2010年10月14日に発売されたPlayStation Portable用コンピュータゲームソフト。ゲームジャンルはマルチアクションゲーム。

概要[編集]

『ロード オブ アルカナ』はマルチアクションゲームとしてスクウェア・エニックスより発売されたゲームである。

スクウェア・エニックスが展開している業務用トレーディングカードゲームロード オブ ヴァーミリオン』(以下LOV)と世界観を共有した派生作品で、LOV同様に柴貴正がプロデューサーを務めるほか、天野喜孝野村哲也吉田明彦皆葉英夫トッド・マクファーレンなどLOVに参加しているイラストレーターがモンスターデザインとして参加している。

2010年9月16日から体験版の無料配信が開始され、9月30日には100万ダウンロードを突破した。

ストーリー[編集]

冒険の舞台はホロディンと呼ばれる世界。これはこの世界の初代の王の名前に由来する。過去のこの世界は6つの核石(アルカナ)と呼ばれる世界の秩序の根幹とされる物を神魔霊獣が奪い合い混沌としていた。王はそのアルカナの全てを手にし、王の持つアルカナの秩序によりこの世界は大きく発展した。しかし、発展した文明に人々は酔うようになり、やがて王もいなくなった。その後アルカナの一つが何者かに奪われ世界は秩序を一つ失った。それがきっかけで均衡は崩れ再び世界は混沌とした。

プレイヤーキャラクター

あるとき戦士の一人である主人公は声に導かれ洞窟に足を踏み入れる。声に導かれるまま洞窟の先にいたニーズヘッグを倒すと、主人公は本来の力を封じ込められ、別世界ホロディンのカリヨポルトという小さな村へたどり着く。主人公のデフォルトの名前は男性はニドで女性はリシアである。これはLOVの主人公の名前に由来する。

ゲームシステム[編集]

プレイヤーは「スレイヤー」と呼ばれる戦士となり、魔物たちを倒してゆく。

武器

武器は片手剣、片手棍、両手剣、両手斧、銃槍の5つのカテゴリーがあり、得手不得手が異なる。

マジックカード

マジックカードというものを装備することで 攻撃やダメージを受けた際に発生するマナを消費して魔法を使うことができる。魔法は炎・雷・光・闇の4つの属性があり、炎雷闇は攻撃魔法、光は強化魔法である。属性によってダメージや発生する状態異常が異なり、各武器との相性が異なる。

アルティメットカード

アルティメットカードというものを装備することでマナを消費し召喚を行える、召喚できるのはアルカナを護っていたマスターガーディアン効果は攻撃、状態異常、強化、回復など様々。マルチプレイ時に同じアルティメットカードを持つプレイヤーと同時に使うことで効果にボーナスが付く。

エンカウント

マップに存在する敵シンボルと接触後「エンカウント」し、バトルフィールドでのアクション戦闘となる。 接触の仕方によってステータスの増加や減少がある。

外部リンク[編集]