ロバート・コヘイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・コヘインRobert Owen Keohane, 1941年10月3日 - )は、アメリカ合衆国国際政治学者。プリンストン大学教授

シカゴ生まれ。1966年ハーバード大学より博士号取得(主査はスタンリー・ホフマン)。スワースモア大学スタンフォード大学ブランダイス大学ハーバード大学デューク大学で教える。

国際関係論におけるリベラリズムの代表的論者。1970年代、ジョセフ・ナイとともに相互依存論を提唱。その後、ネオリベラル制度論の立場から、新現実主義者と活発な論争を展開した。 彼はネオリアリズムの主張のうち、国家をアクターとする点、国家が生き残りのために行動する点などは受け入れるが、しかしそうした仮定をおいても、国際政治において経済や規則の果たす役割は大きいし、協調も可能である、ということを論じている。

1999年から2000年までアメリカ政治学会会長を務めた。2005年ヨハン・スクデ政治学賞受賞、米国科学アカデミー会員に選出。アメリカ芸術科学アカデミーフェローでもある。

日本人の主な弟子としては、東京大学大学院法学政治学研究科教授の飯田敬輔など。

著作[編集]

単著[編集]

  • After Hegemony: Cooperation and Discord in the World Political Economy, (Princeton University Press, 1984).
石黒馨小林誠訳『覇権後の国際政治経済学』(晃洋書房, 1998年)
  • International Institutions and State Power: Essays in International Relations Theory, (Westview Press, 1989).
  • Power and Governance in a Partially Globalized World, (Routledge, 2002).

共著[編集]

  • Power and Interdependence: World Politics in Transition, with Joseph S. Nye, Jr., (Little, Brown, 1977, 2nd ed., 1989, 3rd ed., 2001).
滝田賢治監訳『パワーと相互依存』(ミネルヴァ書房、2012年)
  • Designing Social Inquiry: Scientific Inference in Qualitative Research, with Gary King and Sidney Verba, (Princeton University Press, 1994).
真渕勝監訳『社会科学のリサーチ・デザイン――定性的研究における科学的推論』(勁草書房, 2004年)

編著[編集]

  • Neorealism and its Critics, (Columbia University Press, 1986).

共編著[編集]

  • Transnational Relations and World Politics, edited with Joseph S. Nye, Jr., (Harvard University Press, 1971).
  • The New European Community: Decisionmaking and Institutional Change, edited with Stanley Hoffmann, (Westview Press, 1991).
  • Institutions for the Earth: Sources of Effective International Environmental Protection, co-edited with Peter M. Haas and Marc A. Levy, (MIT Press, 1993).
  • After the Cold War: International Institutions and State Strategies in Europe, 1989-1991, co-edited with Joseph S. Nye and Stanley Hoffmann, (Harvard University Press, 1993).
  • Ideas and Foreign Policy: Beliefs, Institutions, and Political Change, co-edited with Judith Goldstein, (Cornell University Press, 1993).
  • Internationalization and Domestic Politics, co-edited with Helen V. Milner, (Cambridge University Press, 1996).
  • Exploration and Contestation in the Study of World Politics, co-edited with Peter J. Katzenstein and Stephen D. Krasner, (MIT Press, 1999).
  • Imperfect Unions: Security Institutions over Time and Space, co-edited with Helga Haftendorn and Celeste A. Wallander, (Oxford University Press, 1999).
  • Legalization and World Politics, co-edited with Judith Goldstein, Miles Kahler and Anne-Marie Slaughter, (MIT Press, 2001).
  • Humanitarian Intervention: Ethical, Legal and Political Dilemmas, co-edited with J. L. Holzgrefe, (Cambridge University Press, 2003).
  • Anti-americanisms in World Politics, co-edited with Peter J. Katzenstein, (Cornell University Press, 2006).

日本語訳論文[編集]

  • 「埋め込まれた自由主義の危機」J・H・ゴールドソープ編『収斂の終焉――現代西欧社会のコーポラティズムとデュアリズム』(有信堂、1987年)
  • 「公論によるテロの非合法化と同盟政治」K・ブースT・ダン編『衝突を超えて――9.11後の世界秩序』(日本経済評論社, 2003年)
  • 「部分的にグローバル化された世界のガバナンス」猪口孝編『国際関係リーディングズ』(東洋書林, 2004年)
  • 「グローバル・ガヴァナンスと民主的アカウンタビリティ」D・ヘルドM・K・アーキブージ編『グローバル化をどうとらえるか――ガヴァナンスの新地平』(法律文化社, 2004年)
  • 「テロリズム――グローバル化するインフォーマルな暴力」山本吉宣河野勝編『アクセス安全保障論』(日本経済評論社, 2005年)

外部リンク[編集]