レーザ切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レーザ切断(レーザせつだん、英語:laser cutting)とは、レーザーエネルギーによって溶融切断する加工法の総称。

レーザ発振器から反射鏡などを用いて伝送されてきたレーザーを集光レンズで細く絞って試料に照射することで局部的に溶融させ、レーザーと同軸に配置したノズルからアシストガスを噴き付けて、溶融物を噴き飛ばし、切断する。金属はもちろん、セラミックス樹脂複合材の切断も行うことができる。また、切断カーフが小さいので、精度の良い切断が可能である。

レーザーを用いた切断加工(穴あけ加工)は産業界で最も早くから取り入れられ、板金材の切断用として広く定着したレーザー加工法のひとつ。近年、より厚い板の切断の普及や高速化が進み、レーザー切断の加工範囲は更に広がっている。他のどの切断加工方法よりも、広範な種類の材料を自由な形に、高速・高精度で切断加工できることと、美しい仕上がりの実現できることで、幅広い産業で取り入れられている。

関連項目[編集]