レニングラード戦線 (ソ連軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レニングラード戦線ロシア語: Ленинградский фронтレニングラード方面軍、もしくはレニングラード正面軍とも)は、第二次世界大戦中(独ソ戦初期から終戦後まで)にソ連北西部、レニングラード地域に設置された赤軍の方面軍級部隊である。

概要[編集]

1941年8月27日、8月23日付最高司令部スタフカの命令に基づき、北部戦線は、カレリア戦線とレニングラード戦線に分割された。当初の編成は、第8軍、第23軍、第48軍、コポル作戦集団、南部作戦集団、スルツク・コルピン作戦集団だった。1941年8月30日、バルト艦隊が戦線の作戦統制下に入った。1942年11月25日、戦線空軍部隊から第13航空軍を編成。事後、戦線には、第4軍、第52軍、第55軍、第59軍、第42軍、第54軍、第67軍、第20軍、第21軍、第22軍、第51軍、第1打撃軍、第2打撃軍、第4打撃軍、第6親衛軍、第10親衛軍、第3航空軍、第13航空軍、第15航空軍、ネヴァ軍集団、沿海軍集団が編入された。

戦線には、レニングラードへの接近経路の防衛と同市の死守の任務が付与された。1941年9月末までに、ドイツ軍とフィンランド軍の前進は停止した。9月8日から戦線部隊は、戦闘行動を行い、ヴォルホフ戦線及びバルト艦隊の協力の下、敵を疲弊させ、防勢に転移させた。

1943年1月、レニングラード戦線とヴォルホフ戦線は、シュリッセリブルク(ペトロクレーポスチ)南方で封鎖突破作戦(イスクラ作戦)を行い、地上連絡線が回復した。

1944年1月~2月、ヴォルホフ戦線、第2沿バルト戦線、バルト艦隊と協同で、ドイツ北方軍集団を撃破して、レニングラードの封鎖を解除し、エストニア領内に進出した。

1944年4月24日、レニングラード戦線の一部部隊から、第3沿バルト戦線が創設された。同年6月、バルト艦隊、ラドガ小艦隊、オネガ小艦隊の支援の下、ヴイボルグ作戦を実施し、フィンランドの枢軸国離脱の条件を創出した。9月~11月、一部部隊が沿バルト戦略作戦に参加し、タルトゥタリン及びネルヴァ・タリン方面で攻勢を展開した。エストニア占領後、9月27日~11月24日の間、バルト艦隊と協同で、モーンズンド群島の敵を掃討した。事後、戦線は、ソ・フィン国境とバルト海沿岸の守備に就いた。

1945年4月1日、解散された第2沿バルト戦線の部隊の一部がレニングラード戦線に移管され、ドイツ軍のクールランド軍集団の封鎖継続の任務が付与された。ドイツの無条件降伏と関連して、戦線は同軍集団の降伏を受け入れた。

1945年7月24日、7月9日付国防人民委員部令に基づき、戦線はレニングラード軍管区に改編された。

編制[編集]

  • 第8軍 - 1941年8月27日から
  • 第23軍 - 1941年8月27日から
  • 第48軍 - 1941年8月27日から
  • コポル作戦集団 - 1941年8月27日から
  • 南部作戦集団 - 1941年8月27日から
  • スルツク・コルピン作戦集団 - 1941年8月27日から
  • 第13航空軍 - 1942年11月25日編成
  • 第4軍
  • 第52軍
  • 第55軍
  • 第59軍
  • 第42軍
  • 第54軍
  • 第67軍
  • 第20軍
  • 第21軍
  • 第22軍
  • 第51軍
  • 第1打撃軍
  • 第2打撃軍
  • 第4打撃軍
  • 第6親衛軍
  • 第10親衛軍
  • 第3航空軍
  • 第15航空軍
  • ネヴァ軍集団
  • 沿海軍集団

指揮官[編集]

司令官

  1. マルキアン・ポポフ中将(1941年8月~9月)
  2. クリメント・ヴォロシーロフソ連邦元帥(1941年9月)
  3. ゲオルギー・ジューコフ上級大将(1941年9月~10月)
  4. I.フェジュミンスキー少将(1941年10月)
  5. M.ホジン中将(1941年10月~1942年6月)
  6. レオニード・ゴヴォロフ中将(1942年6月~1945年7月)

軍事会議議員

  1. N.クレメンチェフ軍団委員(1941年8月~9月)
  2. アンドレイ・ジダーノフ大将、全連邦共産党(ボリシェヴィキ)中央委員会書記(1941年9月~1945年7月)

参謀長

  1. N.ゴロデツキー大佐(1941年8月~9月)
  2. M.ホジン中将(1941年9月~10月)
  3. ドミトリー・グーセフ少将(1941年10月~1944年4月)
  4. マルキアン・ポポフ大将(1944年4月~1945年7月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]