レニングラード軍管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア陸軍
Сухопутные войска Российской Федерации
Flag of the Russian ground forces.svg
上部機関
国防省
参謀本部
軍管区
西部軍管区
南部軍管区
中央軍管区
東部軍管区英語版
部隊単位
軍・軍団等一覧
師団・旅団等一覧
連隊・大隊等一覧
廃止部隊等一覧
歴史・伝統
親衛隊
ロシア陸軍の歴史
ロシア陸軍の軍服
その他
階級
装備品一覧英語版

レニングラード軍管区(レニングラードぐんかんく、Ленинградский военный округ;略称ЛенВО)は、ソ連軍ロシア連邦軍のロシア北西部における軍管区統合部隊。軍管区本部は、サンクトペテルブルクに位置する。

軍管区部隊及び保管基地には、戦車×333両、火砲×939門、戦闘装甲車両×500両、戦闘ヘリ×74機その他の兵器が装備されている。

歴史[編集]

戦前[編集]

1924年2月1日、ソ連革命軍事会議令により、ペトログラード軍管区がレニングラード軍管区に改称。

1939年~1940年の冬戦争時、第7軍及び第13軍の指導のために、1940年1月7日、北西戦線Северо-Западный фронт)が設立された。同年3月26日、北西戦線は解散され、再びレニングラード軍管区が編成された。

第2次世界大戦[編集]

独ソ戦勃発と共に、1941年6月24日、レニングラード軍管区は、北部戦線に改編された。同年8月23日、北部戦線は、レニングラード戦線カレリア戦線に分離された。

1941年7月~8月、ヴェリーカヤ川河岸、後にルガ河岸及びカレリア地峡のラインにおいて、ドイツ軍及びフィンランド軍に対する防勢行動。同年9月、レニングラード封鎖。1943年1月18日、レニングラード及びヴォルホフ戦線の部隊は、レニングラードの封鎖を突破。

1944年1月、レニングラード、ヴォルホフ及び第2沿バルト戦線の部隊により、レニングラード及びノヴゴロド近郊でドイツ軍を撃破。同年夏から秋にかけて攻勢に転移し、バルト諸国の解放に参加。

戦後[編集]

1945年7月9日、レニングラード戦線はレニングラード軍管区に改編され、部隊は平時編成に移行した。

1968年2月22日、ソビエト軍創設50周年と関連して、レーニン勲章授与。

1992年から、平和維持活動のために各地に部隊を派遣。1994年~1995年、チェチェン戦争と関連して、北カフカーズ軍管区に部隊を派遣。

編成[編集]

レニングラード軍管区には、軍・軍団級部隊は配置されていない。空軍の1個航空軍が配属されている。

  • 第25独立親衛自動車化狙撃旅団:旧第42保管基地。ウラジーミルスキー・ラーゲリ
  • 第138独立親衛自動車化狙撃旅団:カーメンカ
  • 第200独立自動車化狙撃旅団:ペチェンガ
  • 第216保管基地:旧第75自動車修理工場。ペトロザヴォーツク。戦時には第4独立自動車化狙撃旅団に充足
  • 第2独立特殊任務旅団(軍部隊64044):プロメジツ。スペツナズ
  • 第9親衛砲兵旅団:ルガ。ウラガンx8門、ムスタ-Sx18門、MT-12x6門、シュトゥルム-Sx18門装備
  • 第26ロケット旅団:ルガ。トーチカ装備
  • 第1013防空指揮所:第6航空軍から移管
  • 第5高射ミサイル旅団:ネニミャキ。モスクワ軍管区から移動
  • 第56親衛管区教育下級特技兵訓練センター(軍部隊20160):セルトロヴォ
  • 第212教育プロセス保障連隊:サンクトペテルブルク
  • 第140親衛工兵連隊:ケロ
  • 第95独立通信旅団:チョールナヤ・レーチカ
  • 第132通信旅団:
  • 第140独立後方通信大隊:
  • 第60通信拠点
  • 第1269独立電波電子戦センター:旧第29独立電波電子戦連隊:オストロフ
  • 第10独立放射線・化学・生物学防護大隊:セルトロヴォ
  • 第7014保管基地:ルガ。砲兵
  • 第7022保管基地:ルプチェ・サヴィノ。工兵
  • 第2124工兵修理基地:ソスノヴェツ
  • 第2279工兵弾薬基地:ミャグロヴォ
  • 第4998保管基地:通信兵

他軍種[編集]

準軍隊[編集]

戦時には、軍管区内に駐屯する他省庁の軍事組織も作戦統制下に置く。

歴代司令官[編集]

戦前[編集]

レニングラード軍管区司令官
職名 氏名 階級 在任期間 出身校 前職
司令官 ボリス・シャポシニコフ 1925- 労農赤軍参謀長第一補佐官
司令官 ボリス・シャポシニコフ 1935-1937 フルンゼ名称軍事アカデミー校長
司令官 ミハイル・キルポノス 1940.6-1941.1 軍医学校 狙撃軍団長
司令官 マルキアン・ポポフ 中将 1941.1-1941.6 歩兵指揮課程 第1独立赤旗軍司令官

第二次世界大戦中[編集]

詳細は、北部戦線レニングラード戦線を参照。

戦後[編集]

レニングラード軍管区司令官
職名 氏名 階級 在任期間 出身校 前職
司令官 レオニード・ゴヴォロフ ソ連邦元帥 1945.7.9-1946.4
司令官 ドミトリー・グーセフ 大将 1946.4-1949 ロシア帝国軍の准尉 第21軍司令官
司令官 アレクサンドル・ルチンスキー 大将 1949-1953.5 駐独ソビエト軍集団副総司令官
司令官 マトヴェイ・ザハロフ 上級大将 1953.5-1957.10.26 ペトログラード砲兵指揮官課程 ソビエト軍主任監察官
司令官 ニコライ・クルイロフ 上級大将 1958.1-1960.10 歩兵・機関銃課程 ウラル軍管区司令官
司令官 ミハイル・カザコフ 上級大将 1960.10-1965.10
司令官 セルゲイ・ソコロフ 大将 1965.10-1967.4 ゴリコフ装甲戦車学校 モスクワ軍管区第一副司令官
司令官 イワン・シャヴロフ 大将 1967.5.4-1973.1 装甲戦車学校 沿バルト軍管区第一副司令官
司令官 アナトーリー・グリブコフ 大将 1973.2-1976.9
司令官 ミハイル・ソロキン 大将 1976.10-1981.10 促成狙撃課程 極東軍管区第一副司令官
司令官 ボリス・スネトコフ 大将 1981.11-1987.12 シベリア軍管区司令官
司令官 ヴィクトル・エルマコフ 大将 1987.12- 中央集団軍司令官
司令官 ヴィクトル・サムソノフ 大将 1990.8- ザカフカーズ軍管区第一副司令官
司令官 セルゲイ・セレズネフ 大将 1991-1996
司令官 ワレンチン・ボブリシェフ 大将 1997.3-2005.3 レニングラード高等諸兵科共通指揮学校 レニングラード軍管区参謀長
司令官 イーゴリ・プザノフ 上級大将 2005.3-2007 オムスク高等諸兵科共通指揮学校 国防次官
司令官 ワレーリー・ゲラシモフ 大将 2007.12-2009.2 カザン高等戦車指揮学校 北カフカーズ軍管区参謀長
司令官 ニコライ・ボグダノフスキー 中将 2009.4- モスクワ高等諸兵科共通指揮学校 地上軍参謀総長

関連項目[編集]