マトヴェイ・ザハロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マトヴェイ・ザハロフ

マトヴェイ・ヴァシリエヴィチ・ザハロフМатвей Васильевич Захаров, 1898年8月17日 - 1972年1月31日)は、ソ連の軍人。ソ連邦元帥ソ連邦英雄(2度)。

カリーニン州スタリツキー地区ヴォイロヴォ村の貧農出身。マトヴェイが1歳の時、一家はペテルブルクに転居。15歳の時、組立工見習いとして働く。

1917年2月、赤衛隊に入隊し、冬宮占拠とペトログラードを襲撃したコサック部隊の撃退に参加した。同年12月、ソ連共産党に入党。

1918年3月、ペトログラードの砲兵指揮官課程に入校。同年11月、南方戦線第10軍に勤務し、砲兵中隊、後に大隊を指揮。戦闘中負傷したが、戦列から離れなかった。1919年、高等参謀勤務学校で学び、卒業後、再び南方戦線に戻った。師団砲兵補給科長、旅団作戦担当参謀長として、ツァリツィン防衛に参加。

1928年、M.V.フルンゼ名称軍事アカデミー、1937年、参謀本部軍事アカデミーを卒業。その後、軍参謀長、レニングラード軍管区及びオデッサ軍管区の参謀長、労農赤軍参謀総長補佐官を歴任。

独ソ戦中は、北西方面、カリーニン、予備、ステップ、第2ウクライナ戦線の参謀長を歴任。1945年7月、ザバイカル戦線参謀長に就任し、関東軍の撃破に貢献した。

戦後、参謀本部軍事アカデミー校長となり、その後、副参謀総長、軍主任監察官を歴任。1953年5月からレニングラード軍管区司令官、1957年11月から在独ソビエト軍集団総司令官。1959年5月、ソ連邦元帥に昇進。

1960年から63年まで参謀総長/国防第一次官。最後の職は、ソ連国防省監察総監だった。1972年、死去。彼の遺骨は、赤の広場クレムリンの壁に埋葬された。

マトヴェイ・ザハロフは、一連のソ連共産党会議代議員に選出され、第22期からはソ連共産党中央委員会委員。第4期以降のソ連最高会議代議員。

ソ連邦英雄を2度、レーニン勲章5個、十月革命勲章、赤旗勲章4個、一等スヴォーロフ勲章2個等を受賞した。チェコスロバキア社会主義共和国英雄でもある。社会主義諸国から19個の勲章を受章。参謀本部軍事アカデミーには、ザハロフの記念碑がある。


先代:
ワシーリー・ソコロフスキー
ソ連軍参謀総長
1960年 - 1963年
次代:
セルゲイ・ビリュゾフ
先代:
セルゲイ・ビリュゾフ
ソ連軍参謀総長
1964年 - 1971年
次代:
ヴィクトル・クリコフ