ヴォルホフ戦線 (ソ連軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴォルホフ戦線ロシア語: Волховский фронтヴォルホフ方面軍、もしくはヴォルホフ正面軍とも)は、第二次世界大戦中(独ソ戦初期と中期)に2度に渡りソ連北西部に設置された赤軍の方面軍級部隊である。

ヴォルホフ戦線(1941年12月~1942年4月)[編集]

最初のヴォルホフ戦線は、1941年12月17日、レニングラード戦線左翼部隊と最高司令部スタフカ予備(第4軍、第26軍、第29軍、第52軍、第59軍、第2打撃軍)に基づき創設された。ヴォルホフ川左岸に位置する敵の撃破と、レニングラード戦線との協同によるレニングラードの封鎖解除を任務とした。1942年1月~2月、リュバン方面で激戦を繰り広げた。

1942年4月23日、4月21日付スタフカの命令により、ヴォルホフ作戦集団に改編され、レニングラード戦線に編入された。

編制[編集]

  • 第4軍
  • 第26軍
  • 第29軍
  • 第52軍
  • 第59軍
  • 第2打撃軍

指揮官[編集]

ヴォルホフ戦線(1942年6月~1943年10月)[編集]

2度目のヴォルホフ戦線は、1942年6月9日、ヴォルホフ作戦集団(第2打撃軍、第4軍、第8軍、第52軍、第54軍、第59軍)に基づき創設され、同年8月、第14航空軍が編成された。1942年8月~9月、レニングラード戦線と協同で、シニャヴィン作戦を行い、レニングラード攻撃を準備していた敵を撃破した。

1943年1月、レニングラード封鎖突破(イスクラ作戦)の際、ヴォルホフ戦線右翼部隊は、ラドガ湖南方の強力な敵の防衛線を突破し、レニングラード戦線の第67軍と会合して、レニングラードとの地上連絡を保障する回廊を開設した。シニャヴィン・ムギン方面で攻勢を継続しつつ、戦線部隊は、レニングラード攻撃を準備していた敵を撃破した。

1944年1月~2月、ノヴゴロド・ルガ作戦を行ってノヴゴロドを解放し、レニングラード戦線、第2沿バルト戦線、赤旗バルト艦隊と協同で、ドイツ北方軍集団を撃破した。2月2日、第2沿バルト戦線から第1打撃軍を増強される。

1944年2月15日、2月13日付スタフカの命令により、ヴォルホフ戦線は解散され、その部隊は、レニングラード戦線と第2沿バルト戦線に移管され、指揮機関はスタフカ予備となった。

編制[編集]

  • 第2打撃軍
  • 第4軍
  • 第8軍
  • 第52軍
  • 第54軍
  • 第59軍
  • 第14航空軍 - 1942年8月創設
  • 第1打撃軍 - 1944年2月2日、第2沿バルト戦線から配属

指揮官[編集]

司令官:

  1. キリル・メレツコフ上級大将(1942年6月~1944年2月)

軍事会議議員:

  1. アレクサンドル・ザポロージェツ一等軍委員(1942年6月~10月)
  2. レフ・メフリス軍団委員(1942年10月~1943年3月)
  3. テレンチー・シュトィコフ少将(1943年4月~1944年2月)

参謀長:

  1. G.ステリマフ少将(1942年6月~10月)
  2. M.シャローヒン中将(1942年10月~1943年6月)
  3. F.オゼロフ少将(1943年6月~1944年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]