レオン・ミンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Léon (Ludwig) Minkus, Paris, circa 1870. Photo by B. Braquehais

レオン・(フョードロヴィチ・)ミンクスLéon Fedorovich Minkus, 1826年3月23日 ブルノ近郊 - 1917年12月7日 ウィーン)はオーストリア=ハンガリー二重帝国出身で、ロシア帝国で活躍した作曲家・劇場指揮者・ヴァイオリニスト。19世紀バレエ作曲家では最も人気のある一人。本名はルートヴィヒ・アロイジウス・ミンクスLudwig Aloisius Minkus)といい、ポーランド人チェコ人の血筋が入っているとされる。偉大な振付師マリウス・プティパの協力を得て、20年近くにわたってペテルブルクのロシア帝室バレエ(現マリインスキー・バレエ)のために舞踊音楽を作曲した。

ミンクスの最も著名なバレエ音楽には、「ドン・キホーテ」(1869年)、「ラ・バヤデール」(1877年)、「パキータ」(1881年)の3曲があり、これらは今日でも世界中で、プロフェッショナルのバレエ団の基本の演目となっている。また、1884年アドルフ・アダンの「ジゼル」を、1885年にはフェルディナン・エロールの「ラ・フィユ・マル・ガルデ(リーズの結婚) 」を改作した。この2曲のミンクス版は、現在でもロシアでは上演されている。