レオン・ボエルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Léon Boëllmann

レオン・ボエルマンLéon Boëllmann, 1862年9月25日 - 1897年10月11日)はフランスオルガン楽派の伝統を汲む作曲家オルガニストピアニストアルザスオー=ラン県エンシスアイム出身。フォーレと同じくニーデルメイエ宗教音楽学校でウジェーヌ・ジグーに師事した後、1881年からパリはサン・ヴァンサン=ド=ポール教会にオルガニストを務める。

代表作に、オルガンのための《ゴチック組曲 'Suite gothique' 》作品25(なかでも「トッカータ」が有名)や《祈り》。アンドレ・ナヴァラが普及に努めた《チェロ・ソナタ》作品40のほか、《ピアノ五重奏曲》作品10や《ピアノ三重奏曲》作品19といった室内楽の創作にもすぐれている。フォーレに同じく、教会旋法を好んで用いた。

外部リンク[編集]