レオナード・ウーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオナード・ウーリー
レオナード・ウーリー(右)とロレンス
大英博物館によるカルケミシュでの発掘時のもの。1913年春。
人物情報
生誕 1880年4月17日
イングランドの旗 イングランド ロンドン ハクニー
死没 1960年2月20日(満79歳没)
出身校 オックスフォード大学
学問
研究分野 考古学
主な業績 メソポタミアウルの発掘
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

サー・チャールズ・レオナード・ウーリー(Sir Charles Leonard Woolley、1880年4月17日1960年2月20日)はイギリス考古学者メソポタミアウルの発掘はウーリーのよく知られた業績である。彼は"現代"考古学者のひとりとして考えられ、考古学への貢献により1935年ナイトの称号をうけた。

牧師の息子としてロンドンのハクニーに生まれた[1]サリーにある公立の高校へ通い、オックスフォード大学で学んだ。1905年、ウーリーはオックスフォードにあるアシュモレアン博物館で補助学芸員となった。アーサー・エヴァンズにコルブリッジ(Corbridge)にあるローマ時代の遺跡の発掘調査員に指名され、ウーリーはここで考古学者としてのキャリアをスタートさせた。後にウーリーは「私はかつて一度も考古学的な方法を勉強したことがなかった。本からさえもだ。どう調査を行うか、どう基本的計画を立てるかさえまったくわからなかった」と言っている。ロレンスとウーリーは1912年から1914年までカルケミシュヒッタイト時代の遺跡の発掘を行った。大英博物館ペンシルベニア大学の共同調査の下、ウルでの発掘は1922年に始まり、ここでウーリーは王宮の墓地の発掘という貴重な発見をした。アガサ・クリスティーの小説「メソポタミヤの殺人」はこの王宮墳墓の発見にモチーフを取っている。クリスティはのちにウーリーのアシスタントのマックス・マローワンと結婚している。

今日のイラクにあるウルは多くのシュメールの王族の墓地であった。ウーリーは偉大な墳墓をいくつか発見した。墳墓の中にはシュメール文明がその絶頂期にあったころの大きな壁画が金銀の宝石、コップ、そのほかの服飾品とともに発見された。墳墓の中でも一番豪勢なものは女王Pu-Abiのものであり、それだけでも十分に驚くべき発見なのだが、それに加えてPu-Abiの墳墓は盗掘者たちの手がまったくついていなかった。その墳墓の中からはシュメール語で彼女の名が刻まれた保存状態のいい円筒印章が見つかった。女王の遺体は二人の召使とともに埋葬されており、おそらく死後も女王に仕えるために、この召使たちは毒を飲まされて死に至ったと考えられている。ウーリーは見つかった副葬品のおかげで、Pu-Abiの葬儀を再現することができた。今日、女王の頭飾り、円筒印章、女王の遺体はペンシルベニア大学博物館に展示されている。

1936年、ウルの発掘のあとウーリーは古代エーゲ文明メソポタミア文明の関連性に興味をもち、1937年から1939年まで北シリアの地中海沿岸にあった古代都市Al Minaで、1946年から1949年までアララハでの調査を行った。

脚注[編集]