マックス・マローワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サー・マックス・エドガー・ルシアン・マローワン(Sir Max Edgar Lucien Mallowan、1904年5月6日 - 1978年8月19日)はイギリス考古学者で、特に古代中東史を専門とする。また、アガサ・クリスティの2番目の夫でもある。CBE

生涯[編集]

エドガー・マローワン (Edgar Mallowan) として、1904年5月6日、ロンドンワンズワースに生まれる[1]ランシング・カレッジで学び(イーヴリン・ウォーと同期)、オックスフォード大学ニュー・カレッジで古典を学んだ。

メソポタミア文明の首都と見なされていたウルの発掘現場(1925年 - 1931年)で、レオナード・ウーリーの弟子として働いた。その発掘現場で1930年、アガサ・クリスティに初めて会い、同年中に結婚している。1932年、Reginald Campbell Thompson と共にニネヴェの現場で働いた後、大英博物館British School of Archaeology in Iraq が共同で企画した一連の調査で現場監督を務めた。発掘した場所としては、Tell Arpachiyah の先史時代の村、シリアハブール川流域にあるチャガル・バザールテル・ブラクがある。バリフ川流域の考古遺跡の発掘も初めて行った。

第二次世界大戦が勃発すると、英国空軍志願予備軍に入隊して北アフリカに行き、1943年の一時期には古代都市サブラタを基地とした。1941年2月11日には少尉[2]、1941年8月18日には中尉[3]、1943年4月1日には大尉[4]となった。その後中佐となり、1954年2月10日に退役する際、その階級を保持することを許された[5]

戦後の1947年、ロンドン大学の西アジア考古学の教授となり、1962年にはオール・ソウルズ・カレッジ (オックスフォード大学)のフェローとなった。同じく1947年から1961年まで、British School of Archaeology in Iraq の理事を務め、かつてオースティン・ヘンリー・レヤードが発掘したニムルードの調査を再開し、Nimrud and its Remains を出版した(2巻、1966年)。

マローワンはそれまでの仕事の集大成として Twenty-five Years of Mesopotamian Discovery(1956年)を出版し、妻のアガサ・クリスティはシリアでのマローワンの仕事について Come, Tell Me How You Live(1946年)を出版した。

1976年にアガサ・クリスティが亡くなると、マローワンは翌年、長年の愛人だった Barbara Hastings Parker と結婚した。彼女は考古学者であり、British School of Archaeology in Iraq で彼の秘書を務め、ニムルードでも助手を務めていた。

1960年、女王の誕生日の記念としてマローワンはCBEを授与され[6]、1968年にはナイトに叙された[7][8]。74歳のときオックスフォードシャーウォリングフォードで死去。妻の Barbara Mallowan は1993年、85歳で同地で亡くなった[9]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Index of Births England and Wales 1837-1915
  2. ^ London Gazette: no. 35106, p. 1528, 1941年3月14日. 2009年9月7日閲覧。
  3. ^ London Gazette: no. 35292, pp. 5668–5669, 1941年3月14日. 2009年9月7日閲覧。
  4. ^ London Gazette: (Supplement) no. 36059, p. 2777, 1943年6月15日. 2009年9月7日閲覧。
  5. ^ London Gazette: (Supplement) no. 40234, p. 4249, 1954年7月16日. 2009年9月7日閲覧。
  6. ^ London Gazette: (Supplement) no. 42051, p. 3983, 1960年6月3日. 2009年9月7日閲覧。
  7. ^ London Gazette: (Supplement) no. 44600, p. 6300, 1968年5月31日. 2009年9月7日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 44717, p. 21305, 1968年11月15日. 2009年9月7日閲覧。
  9. ^ Deaths England and Wales 1984-2006 (subscription required)

参考文献[編集]

  • Cameron, George G. "Sir Max Mallowan, 1904–1978: [Obituary]", The Biblical Archaeologist, Vol. 42, No. 3. (Summer, 1979), pp. 180–183.
  • Christie Mallowan, Agatha. Come, Tell Me How You Live: An Archaeological Memoir. New York: Dodd, Mead and Company, 1976 (hardcover, ISBN 0-396-07320-4); New York: Vintage/Ebury, 1983 (hardcover, ISBN 0-370-30563-9); New York: HarperCollins, 1999 (paperback, ISBN 0-00-653114-8); Pleasantville, NY: Akadine Press, 2002 (with introduction by David Pryce-Jones; paperback, ISBN 1-58579-010-9).
  • Mallowan, M.E.L. Mallowan's Memoirs. New York: Dodd, Mead and Company, 1977 (hardcover, ISBN 0-396-07467-7). Reprinted as Mallowan's Memoirs: Agatha and the Archaeologist. New York: HarperCollins, 2002 (paperback, ISBN 0-00-711704-3).

外部リンク[編集]