ルイズ・ラヴリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Louise Lovely
ルイズ・ラヴリー
ルイズ・ラヴリー
1913年ころ
本名 ネリー・ルイズ・コーバス Nellie Louise Corbasse
別名義 ルイズ・カーバス Louise Carbasse
ルイズ・ウェルチ Louise Welch
生年月日 1895年2月28日
没年月日 1980年3月18日(満85歳没)
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリア ニューサウスウェールズ州シドニー
死没地 オーストラリアの旗 オーストラリア タスマニア州ホバート
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
職業 女優
ジャンル 舞台、サイレント映画
活動期間 1904年 - 1925年
配偶者 ウィルトン・ウェルチ 離婚
バート・コーワン 死別

ルイズ・ラヴリーLouise Lovely, 1895年2月28日 - 1980年3月18日)は、アメリカ合衆国で活動したオーストラリア女優である[1]。出生名はネリー・ルイズ・コーバスNellie Louise Corbasse)、旧芸名ルイズ・カーバスLouise Carbasse)およびルイズ・ウェルチLouise Welch[1]。オーストラリアで最初に国際的に活躍した女優である[1]

人物・来歴[編集]

1895年2月28日、オーストラリアのニューサウスウェールズ州シドニーに生まれる[1]

満9歳となる1904年ころから「ルイズ・カーバス」の名でシドニーの舞台に立ち、成長するにつれ舞台女優として成功し、映画界に進出する[1]。1911年5月11日にオーストラリアで公開された、ガストン・マーヴェイル監督の One Hundred Years Ago に主演したのが、もっとも古い映画への出演記録で、同作の公開当時ルイズは満16歳であった[1][2]。同作には、俳優時代のハリー・ボーモントも出演している[2]。満17歳となる1912年、ウィルトン・ウェルチと結婚する[1]

アメリカ合衆国に渡り、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)と契約、カール・レムリの命名により「ルイズ・ラヴリー」と改名する[1]。1915年、アイダ・メイ・パーク脚本、ジョセフ・ド・グラス監督の Father and the Boys で全米のスクリーンにデビューする[1]。1916年、ユニヴァーサル傘下に製作会社ブルーバード映画が設立され、同社で、ド・グラス監督の The Grip of Jealousy, Tangled Hearts, 『恨みの金貨』、『踊り子の生涯』、『文身美人』、ルパート・ジュリアン監督の『愛の決闘』、ジャック・コンウェイ監督の『社会の賊』、『人の力』、1917年には、ジュリアン監督の『誕生日』に主演し[1]、2作を除いていずれも日本でも公開された[3]

1919年にはユニヴァーサルを去り、小プロダクションやフォックス・フィルム(現在の20世紀フォックス)、ゴールドウィン・ピクチャーズ等の映画に出演する[1]。1922年、エドワード・スローマン監督の Shattered Idols に出演したのを最後にアメリカ合衆国を去り、オーストラリアに帰った[1]

1925年、オーストラリアで、夫ウェルチと共同で監督したサイレント映画 Jewelled Nights に主演するが、同作以降の出演記録等は見当たらない[1]。1928年、夫ウェルチと離婚する[1]

1930年、バート・コーワンと再婚する[1]。1967年、夫コーワンと死別する[1]

1980年3月18日タスマニア州ホバートで死去した[1]。没後の20年が経過した2000年、オーストラリア映画協会は、ルイズに敬意を表し、オーストラリア映画協会賞の愛称として「ラヴリーズ」(Lovelys)という名称を採用した[1]

おもなフィルモグラフィ[編集]

特筆以外はすべて出演作である[1]

1910年代[編集]

  • One Hundred Years Ago : 監督ガストン・マーヴェイル、1911年 - 「ルイズ・カーバス」名義で主演・役 Judith
  • A Ticket in Tatts : 監督ガストン・マーヴェイル、1911年 - 「ルイズ・カーバス」名義で出演・役 Mrs. Fallon
  • The Colleen Bawn : 監督ガストン・マーヴェイル、1911年 - 「ルイズ・カーバス」名義で主演・役 The Colleen
  • A Tale of the Australian Bush : 監督ガストン・マーヴェイル、1911年 - 「ルイズ・カーバス」名義で出演・役 Mrs. Hall
  • Hands Across the Sea : 監督ガストン・マーヴェイル、1912年 - 「ルイズ・カーバス」名義で出演
  • A Daughter of Australia : 監督ガストン・マーヴェイル、脚本・主演ハリー・ボーモント、1912年 - 「ルイズ・カーバス」名義で出演
  • Conn, the Shaughraun : 監督ガストン・マーヴェイル、1912年 - 「ルイズ・カーバス」名義で出演
  • The Wreck of the Dunbar or The Yeoman's Wedding : 監督ガストン・マーヴェイル、1912年 - 「ルイズ・カーバス」名義で出演
  • The Ticket of Leave Man : 監督ガストン・マーヴェイル、1912年 - 「ルイズ・カーバス」名義で出演
  • Personal Magnetism : 監督不明、1913年

1920年代[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Louise Lovely, Internet Movie Database (英語), 2010年6月10日閲覧。
  2. ^ a b One Hundred Years Ago - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年6月10日閲覧。
  3. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.

外部リンク[編集]