リーヴァイ・ストラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Levi Strauss
リーヴァイ・ストラウス
生誕 Löb Strauß
ルーブ・シュトラウス

1829年2月26日
ドイツの旗 ドイツ バイエルン州 ブッテンハイム
死没 1902年9月26日(73歳)
カリフォルニア州 サンフランシスコ
墓地 カリフォルニア州 コルマ英語版
国籍 ドイツの旗 ドイツ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ人
職業 実業家
活動期間 1847 -
著名な実績 初めてブルージーンズを製造する会社を設立した。
純資産 600万ドル(2014年に換算すると約1億6400万ドル)
宗教 カトリック教会
子供 なし
ヒルシュ・シュトラウス(父)
レベッカ・ハース(母)
親戚 ヤコブ・シュトラウス(長兄)
ルースラ・シュトラウス(長姉)
ジョナス・ストラウス(次兄)
ルイス・ストラウス(三兄)
メアリー・ストラウス(次姉)
ファニー・スターン(三姉)
デビッド・スターン(義兄)

リーヴァイ・ストラウスLevi Strauss、1829年2月26日 - 1902年9月26日)は、ユダヤ系ドイツ人移民で、アメリカ人の企業家。ジーンズの世界的メーカーであるリーバイ・ストラウス社の創業者ファミリーの一人である。

構造主義人類学クロード・レヴィ=ストロースとは同姓で遠縁に当たるという誤解があるが、同じユダヤ系でこそあれ血縁関係はない。リーヴァイ・ストラウスは「ストラウス」が姓、クロード・レヴィ=ストロースは「レヴィ=ストロース」が姓に当たり、全く別の姓である。

出生[編集]

リーヴァイ・ストラウスの生家

リーヴァイ・ストラウスはドイツバイエルン北部のフランケン地方ブッテンハイムで、アシュケナージユダヤ人の一家にレープ・シュトラウス (Löb Strauß) として生まれた[1]。 父親は織物類の行商人であるヒルシュ・シュトラウス、母親はレベッカ・ハースであり、母のレベッカは父のヒルシュにとっての二番目の妻であった[2][3]。 レープの家族は2階建ての1階に住み、もう1つの家族は2階に住んでいた[4]。 一家の父ヒルシュはレープが16歳の時に腫瘍のため死去した。そしてレープが18歳となった1847年に、母レベッカと二人の姉のマイラ(Maila)、フェーゲラ(Vögela)と共にニューヨークに旅立った。そして、母親の違う兄であるヨナ(Jonas)、ルイ(Louis)が営んでいた「J.シュトラウス・ブラザー&カンパニー」と呼ばれる織物類の卸売事業を手伝い始めた[5]

1849年、レープはルイビルに移って生活し、兄達の会社の品物をケンタッキー州で販売した[6]。 1850年に彼はLoeb(Löb)がアメリカ人に発音できないため「レヴィ・シュトラウス」で知られていた。その年に姉のファニー(フェーゲラ)とユダヤ人移民で織物商のデビッド・スターンは結婚し、ミズーリ州 セントルイスに移った。 1853年1月、24歳になっていた彼は、念願のアメリカ市民となり、英語読みの「リーヴァイ・ストラウス」と名のったが[7]、正式なサインはLoebと書いていた[4]

キャリア[編集]

ストラウス家はカリフォルニア・ゴールドラッシュの商業の中心だったサンフランシスコの西海岸で、ファミリーによる織物類のビジネスを開設することを決めた。リーヴァイはファミリーの代表として選ばれ、サンフランシスコ行きの蒸気船に乗った。彼は1853年3月の初めに到着し、ファニーの家族と合流した[8]。 リーヴァイはファニーの育ち盛りの家族と一緒に生活することとなった[9]

リーヴァイは義理の兄のデヴィッド・スターンと共に「リーバイ・ストラウス&カンパニー」という織物類の卸売事業をカリフォルニア・ストリート英語版で開始した。ニューヨークの兄達から織物類、衣料品、寝具、櫛、財布、ハンカチまでを卸した。 当時はゴールドラッシュの最盛期であり、ストラウス家は金の鉱山労働者が衣服や縫製の需要を持っていると目ろんだ。彼らはテントや荷馬車の幌を作るためにキャンバス帆布を準備し、鉱山労働者に販売した。

1872年、ストラウスはネバダ州リノで洋服店を営むジェイコブ・デイヴィス英語版からの手紙を受け取る。デイヴィスはリガ出身の移民で、ストラウスの上顧客の一人であった。その手紙にはデイヴィスが客のために面白い方法でズボンを作ったことが書かれていた。彼はズボンに金属鋲を用いたのであった。デイヴィスには特許を取得するための資金がなかったため、ストラウスがその資金を提供し、彼らのビジネスに加わったデイヴィスと協同で特許を申請した。

1873年5月20日、ストラウスとデイヴィスはデニムの作業ズボンのポケットを銅製の鋲で強化する特許を特許番号139121号として取得した[10]。 リーバイ・ストラウス社はニューハンプシャー州マンチェスターアモスキーグ社製の帆布を用いて、新しいスタイルのワークパンツとして、最初のブルージーンズを製造し始めた。

没後[編集]

1902年9月26日にリーヴァイ・ストラウスは73歳で死去した。彼は一度も結婚することは無かったので、彼の姉のファニーの息子であるジェイコブルイスエイブラハムジークムントの四人の甥が会社を引き継いだ。 彼はまた、太平洋ヘブライ人孤児保護施設ローマ・カトリック孤児保護施設のような数々の慈善団体に遺産を残しました。リーヴァイの財産は約600万ドル(2014年の価値で換算すると約1億6400万ドル)と推定された[11]。 彼はカリフォルニア州のコルマ英語版に埋葬された。 会社は1906年のサンフランシスコ地震とその後の火災により打撃を受けたが再建することができた。その後ジェイコブ・デイヴィスは株を会社に売り戻した。

リーバイ・ストラウス博物館はシュトラウス家の生家であり、1687年にドイツのブッテンハイムに建てらた。リーバイ・ストラウス&カンパニーの世界本部である来客施設もサンフランシスコにあり、歴史的な品の数々を展示している。 リーバイ・ストラウス財団の始まりは、1897年のカリフォルニア大学バークレー校への寄付でした[12]

家系図[編集]

ドイツのサイトより家系図が公開されている。[2]

 
 
 
 
 
 
 
マイラ
 
 
 
ヤコブ・シュトラウス
 
 
 
 
 
 
 
 
セルグマン・ハース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リップマン・シュトラウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マデル・バウマン
シュナイダー?)
 
 
 
ヒルシュ・シュトラウス
 
 
 
レベッカ・ハース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤコブ
 
ルースラ
 
ヨナタン
(ジョナス)
 
リップマン
(ルイス)
 
マイル
(メアリー)
 
フェーゲラ
(ファニー)
 
レープ
リーヴァイ
 

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ ディンケルスピール, フランシス (2010). Towers of Gold(タワーズ・オブ・ゴールド):イザヤ・ヘルマンと呼ばれたユダヤ人移民がカリフォルニアを創った方法. セントジョンズ マーティンズ プレス. p. 145. ISBN 978-0-312-35527-2. http://books.google.com/books?id=yc_xK2K_PeMC&pg=PA145&dq=Levi+Strauss+birthplace 2014年10月1日閲覧。. 
  2. ^ a b シュトラウス家系図ヨアヒム・ディッザ、2014年10月閲覧
  3. ^ * 6 July 1799, + 8 January 1869 デイリー・アルタ・カリフォルニア 1869年1月8日CDNC、2014年10月閲覧
  4. ^ a b リーバイ・ストラウス ファミリー
  5. ^ キャリー, チャールズ・W (2002). American inventors, entrepreneurs and business visionaries(アメリカの発明者、起業家、および 独創的なビジネス ビジョンを持つ人々). ファクツ・オン・ファイル英語版. pp. 331–332. ISBN 978-0-8160-4559-4. http://books.google.com/books?id=XKiGgl36bkgC&pg=PA331&dq=Levi+Strauss+birthplace++Buttenheim 2014年10月1日閲覧。. 
  6. ^ エバンス, ハロルド (2004). They made America. リトル・ブラウン英語版. ISBN 9780316277662. http://books.google.com/books?id=fDyckjF2IWgC&pg=PT122&dq=Levi's+sister+Fanny 2014年10月1日閲覧。. 
  7. ^ フェルトベルク, マイケル (2002). Blessings of freedom(自由の祝福): アメリカのユダヤ人の歴史の章. KTAVパブリッシング英語版. p. 172. ISBN 9780881257557. http://books.google.com/books?id=XOPZ2nA6OcEC&pg=PA172&dq=Levi's+sister+Fanny 2012年11月12日閲覧。. 
  8. ^ ライマン, サンドラ (1994). America: the Jewish experience. UAHCプレス. p. 59. ISBN 9780807405000. http://books.google.com/books?id=18OdlLqqdykC&pg=PT68&dq=Levi's+sister+Fanny 2014年10月12日閲覧。. 
  9. ^ ダウン, リン (2007). Levi Strauss & Co.(リーバイ・ストラウス&カンパニー). Arcadia Publishers. p. 9. ISBN 9780738555539. http://books.google.com/books?id=8iAjxdfLDgsC&pg=PA9&dq=Levi+lived+with+his+sister+Fanny 2014年10月12日閲覧。. 
  10. ^ 特許アメリカ合衆国特許第139,121号
  11. ^ AP通信 (1902年9月28日). “リーバイ・ストラウス死亡”. ロサンジェルス・タイムズ. http://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access/327612322.html?dids=327612322:327612322&FMT=ABS&FMTS=ABS:AI&type=historic&date=Sep+28%2C+1902&author=&pub=Los+Angeles+Times&desc=LEVI+STRAUSS+DEAD+AT+SAN+FRANCISCO.&pqatl=google 2012年5月1日閲覧. "リーバイ・ストラウス、サンフランシスコの古風な商人の最後の一人であった。ピュージェット湾からカリフォルニア州の最南端までで、最もよく知られている男の一人であった。" 
  12. ^ トーマス, グレイス・パワーズ (1898). Where to educate, 1898-1899. アメリカの有名私立学校、高等教育機関等のガイド. ボストン: Brown and Company. p. 10. http://archive.org/stream/wheretoeducate1800thomrich#page/10/mode/1up 2014年10月1日閲覧。.