リーヴァイ・ストラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーヴァイ・ストラウス

リーヴァイ・ストラウスLevi Strauss、1829年2月26日 - 1902年9月26日)は、ユダヤ系ドイツ人移民の企業家リーバイ・ストラウス社の創業者のひとり。

構造主義人類学クロード・レヴィ=ストロースとは同姓で遠縁に当たるという誤解があるが、同じユダヤ系でこそあれ血縁関係はない。リーヴァイ・ストラウスは「ストラウス」が姓、クロード・レヴィ=ストロースは「レヴィ=ストロース」が姓に当たり、全く別の姓である。

生涯[編集]

ストラウスはドイツバイエルンフランケン地方ブッテンハイムで、ユダヤ系一家にレープ・シュトラウス (Löb Strauss) として生まれた。1847年にシュトラウスは母親と二人の姉妹と共にニューヨークに移り住み、二人の兄、ヨナ、ルイス・レーブが営んでいた織物業を手伝い始めた。1850年に彼は「レヴィ・シュトラウス」と改名した。

1853年にシュトラウスはカリフォルニア州サンフランシスコに移り住み、英語読みの「リーヴァイ・ストラウス」となる。当時はゴールドラッシュの最盛期であり、ストラウスは金の採鉱者達が衣服や縫製の需要を持っていると期待した。彼はテントや荷馬車の幌を作るためにキャンバス帆布を準備し、採鉱者達に販売した。

ストラウスは義理の兄弟デヴィッド・スターンと共にリーバイ・ストラウス社をカリフォルニア・ストリートに開業した。

1872年、ストラウスはネバダ州リノで洋服店を営むジェイコブ・デイヴィスからの手紙を受け取る。デイヴィスはストラウスの上顧客の一人であった。その手紙にはデイヴィスが客のためにおもしろい方法でズボンを作ったことが書かれていた。彼はズボンに金属鋲を用いたのであった。デイヴィスには特許を取得するための資金がなかったため、ストラウスがその資金を提供し、彼らは協同で特許を取得した。

1873年5月20日、ストラウスとデイヴィスはデニムの作業ズボンのポケットを銅製の鋲で強化する特許を特許番号139121号として取得した。リーバイ・ストラウス社はニューハンプシャー州マンチェスターのアモスキーグ社製の帆布を用いて、最初のジーンズを製造し始めた。

リーヴァイ・ストラウスは1902年9月26日に73歳で死去した。会社はジェイコブ、ルイス、エイブラハム、ジークムント・スターンの四人の甥が引き継いだ。会社は1906年のサンフランシスコ地震とその後の火災により打撃を受けたが再建することができた。その後ジェイコブ・デイヴィスは株を会社に売り戻した。

外部リンク[編集]