リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー、1915年

リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーLluís Domènech i Montaner1850年12月21日 - 1923年12月27日)は、スペインカタルーニャの建築家。カタルーニャのムダルニズマアール・ヌーヴォーに影響を及ぼした。同時に、政治家としても活動した。

バルセロナで生まれた。建築に関心を持ち、自らが学んだバルセロナ建築学校で若くして教授となった。この地位にあったために、カタルーニャのムダルニズマはどうあるべきか大きな影響を与えた。

建築家としてのドメネクは、当時流行していたヒスパノ=アラブ様式の特別な装飾、そしてムダルニズマの特徴である湾曲したラインとを組み合わせた、合理的な構造を持つ建物を建てた。現在のバルセロナ動物学博物館は、元々は1888年に開催されたバルセロナ万博の際にレストランとして建てられた。ドメネクはこの建物で鉄構造とセラミックを組み合わせる技術を用いた。この技術は、1908年にカタルーニャ音楽堂建設においてさらに改良された。

バルセロナ建築学校の教授時代の教え子には後にライバルとなるアントーニ・ガウディーがいた。

建築物[編集]

関連項目[編集]