リッカルド・ドリゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッカルド・ドリゴ
Riccardo Drigo
RiccardoDrigo.jpg
基本情報
出生名 Riccardo Eugenio Drigo
出生 1846年6月30日
ロンバルド=ヴェネト王国の旗 ロンバルド=ヴェネト王国 パドヴァ
死没 1930年10月1日(満84歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国 パドヴァ
ジャンル イタリア・オペラバレエ音楽
職業 作曲家、指揮者

リッカルド・エウジェニオ・ドリゴRiccardo Eugenio Drigo, 1846年6月30日 パドヴァ - 1930年10月1日 同地)は、イタリアバレエ作曲家指揮者ロシアサンクトペテルブルク国立バレエ団(Imperial Ballet)のカペルマイスターおよび音楽監督としての長いキャリアで知られる。

生涯[編集]

ドリゴはパドヴァで家族の友人Antonio Jorichに音楽を習った後、ヴェネツィアの音楽学校でアントニオ・ブッツォーラ(ガエターノ・ドニゼッティの教え子)に師事した。彼はピアノ教師を務め、また故郷で作曲家・指揮者として成功を収めた。

1878年にドリゴはロシアへ移住し、この地で40年以上を過ごすこととなった。1879年、彼はサンクトペテルブルクイタリア・オペラの指揮者に任命された。1886年に彼はこの地位を辞して、国立バレエ団の指揮者・作曲家の地位に就いた。彼はロシアで最先端のダンサー振付師たち(マリウス・プティパレフ・イワノフら)と共に活動した。彼が最初に指揮したのはチャイコフスキーの『眠れる森の美女』と『くるみ割り人形』であった。1899年、彼はプティパ振り付けのバレエ『海賊』(Le Corsaire, サンクトペテルブルク、1899年)第二幕の有名なパ・ド・ドゥの音楽を作曲した。ドリゴ自身が作曲を行った作品もまた有名なものであった。1900年に初演されたバレエ『百万長者の道化師』(Les Millions d'Arlequin)は、国際的な名声を得ることとなった。同曲の中のセレナードは特に有名になり、後にベニャミーノ・ジーリのためにE・A・マリオの詞を付けた歌曲としても発表している。

ドリゴは自主的に亡命のような状態に身を置いたものの、時折はイタリアを訪れ続けていた。最終的に1920年、彼はロシア革命後のロシアに身を置けなくなり、パドヴァへと戻った。その後、地元の劇場のためのバレエ作品を数作作曲している。1930年、故郷パドヴァにて逝去。84歳没。

主な作品[編集]

バレエ[編集]

  • 百万長者の道化師(Les Millions d'Arlequin
  • 魔法の笛(La Flute magique
  • フローラの目覚めLe reveil de Flore
  • タリスマン(Le Talisman

外部リンク[編集]