リチャード・ブローティガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Richard Brautigan.

リチャード・ブローティガンRichard Brautigan1935年1月30日 - 1984年9月14日?)は、アメリカ合衆国ワシントン州タコマ出身の作家詩人

『ビッグ・サーの南軍将軍』でデビュー。以後『アメリカの鱒釣り』、『西瓜糖の日々』、『芝生の復讐』などを発表、1976年には来日している。『アメリカの鱒釣り』によって一躍ビート・ジェネレーションの作家の代表格として祭り上げられるが、本国では次第に忘れられ、むしろ日本やフランスにおいて評価が高い。

かなり飛躍した比喩を用い、深い心理描写を故意に欠いた文体で独特の幻想世界を築く。アメリカン・ドリームから遠く隔たった、どちらかと言えば落伍者的、社会的弱者風の人々の孤立した生活を掬う。

日本では翻訳家藤本和子がその著書のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。作家でも村上春樹高橋源一郎小川洋子といった面々が影響を受けている。

1984年10月25日カリフォルニア州ボリナスの自宅でピストル自殺しているのが発見された。正確な死亡日時は不明であるが、9月14日ではないかと推測されている。

複数の作品に断片的に自伝的要素が織り込まれていると言われるが、極貧の中で満足な教育も受けずに育った少年時代は、詳細が不明である。評伝としては藤本和子著『リチャード・ブローティガン』(新潮社、2000年)がある。

(以下、刊行年等の情報はブローティガンのアーカイブを参照した)

小説[編集]

  • 『ビッグ・サーの南軍将軍』(藤本和子訳) A Confederate General From Big Sur1964年
  • 『アメリカの鱒釣り』(藤本和子訳) Trout Fishing in America1967年
  • 『西瓜糖の日々』(藤本和子訳) In Watermelon Sugar1968年
  • 『芝生の復讐』(藤本和子訳) Revenge of the Lawn1971年
  • 『愛のゆくえ』(青木日出夫訳) The Abortion: An Historical Romance 19661971年
  • 『ホークライン家の怪物』(藤本和子訳) The Hawkline Monster: A Gothic Western1974年
  • 『鳥の神殿』(藤本和子訳) Willard and His Bowling Trophies: A Perverse Mystery1975年
  • 『ソンブレロ落下す ある日本小説』(藤本和子訳) Sombrero Fallout: A Japanese Novel1976年
  • 『バビロンを夢見て』(藤本和子訳)Dreaming of Babylon: A Private Eye Novel 19421977年
  • 『東京モンタナ急行』(藤本和子訳) The Tokyo-Montana Express1979年
  • 『ハンバーガー殺人事件』(松本淳訳)So the Wind Won't Blow It All Away1982年
  • 『不運な女』(藤本和子訳)An Unfortunate Woman: A Journey2000年)、但しフランス語訳がこれに先立って刊行された(Cahier d'un Retour de Troie, Marc Chénetier訳, 1994年

詩集[編集]

  • The Return of the Rivers, (1957年), The Pill versus the Springhill Mine Disaster に再収録
  • The Galilee Hitch-Hiker, (1958年), The Pill versus the Springhill Mine Disaster に再収録
  • Lay the Marble Tea, (1959年), The Pill versus the Springhill Mine Disaster に再収録
  • The Octopus Frontier, (1960年), The Pill versus the Springhill Mine Disaster に再収録
  • All Watched Over by Machines of Loving Grace, (1967年), The Pill versus the Springhill Mine Disaster に再収録
  • Please Plant This Book, (1968年)
  • 『チャイナタウンからの葉書』(池澤夏樹訳)、『ピル対スプリングヒル鉱山事故』(水橋晋訳)The Pill versus the Springhill Mine Disaster, (1968年)
  • 『ロンメル進軍』(髙橋源一郎訳)Rommel Drives on Deep in Egypt, (1970年)
  • 『突然訪れた天使の日』(中上哲夫訳)Loading Mercury with a Pitchfork, (1976年)
  • 『東京日記』(福間健二訳)June 30th, June 30th, (1978年)
  • 『エドナ・ウェブスターへの贈り物 故郷に残されていた未発表作品』(藤本和子訳)The Edna Webster Collection of Undiscovered Writings (1999年

外部リンク[編集]

  • ブローティガンのアーカイブサイト [1](英語)