ランベルト・ガルデルリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランベルト・ガルデルリLamberto Gardelli, 1915年11月8日1998年7月17日 )は、イタリア指揮者[1][2]

略歴[編集]

ヴェネツィアに生まれ、マルケ州ペーザロロッシーニ音楽学校ローマ聖チェチーリア音楽院に学ぶ。ローマ歌劇場トゥリオ・セラフィンの助手をつとめ、1944年に「椿姫」を指揮しデビュー。1946年から1955年までスウェーデン王立歌劇場、1955年から1961年までDR放送交響楽団(デンマーク国立交響楽団)、1961年から1966年までハンガリー国立歌劇場、1982年から1985年までミュンヘン放送管弦楽団、1986年から1988年まで再びDR放送交響楽団の首席指揮者をつとめる。イタリア・オペラ、特にヴェルディの専門家として知られ、あまり演奏されない「アルツィーラ」「アッティラ」等の初期のオペラを録音している。またロッシーニが作曲したフランス語による「ギヨーム・テル(Guillaume Tell)」(ウィリアム・テル)の完全版を初めて録音したり、1969年にはジョルダーノの「フェードラ」を、非常に音源の少ないマグダ・オリヴェロマリオ・デル=モナコの競演で録音するなど独自の活動を行った。ルチア・アリベルティシルヴィア・サッス等のソプラノ歌手の指導者でもあった。

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]