ラウニ・グレンダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラウニ・グレンダールLauny Grøndahl1886年6月30日 - 1960年1月21日)はデンマーク作曲家ヴァイオリニスト指揮者

来歴[編集]

1886年にオードロップに生まれた。8才からヴァイオリンを学び始め、13才でコペンハーゲンのカジノ劇場のオーケストラでヴァイオリン奏者となった。ルドルフ・ニールセンに作曲を、アクセル・ゲーゼにヴァイオリンを師事し、パリローマウィーンでも学んだ。

1925年に設立されたデンマーク放送交響楽団の初代指揮者に就任し、同時代の自国の作曲家の作品を積極的に取り上げた。1956年まで在任し、レコード録音も残されており、現在でもその演奏を聞くことができる。

1960年にフレデリクスベアen:Frederiksberg)で亡くなった。

作曲家としては、交響曲や協奏曲、弦楽四重奏曲などの作品があるが、現在でも演奏され最もよく知られているのは『トロンボーン協奏曲』である。イタリア滞在中の1924年に作曲されたこの曲は、作曲者の友人であったコペンハーゲンの王立管弦楽団トロンボーン奏者、ヴィルヘルム・オールクローのために作曲された。

主要作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • パンとシリンクス (Pan og Syrinx, orkesterfantasi)
  • ティルヴィング (Tyrfing, scenemusik)
  • 交響曲 (Symfoni)
  • チトラ (Chitra, scenemusik)
  • 古いユトランド民謡による交響変奏曲 (Symfoniske Variationer over en Gammel Jysk Vise)

協奏曲[編集]

  • ヴァイオリン協奏曲 (Violinkoncert)
  • トロンボーン協奏曲 (Basunkoncert)
  • ファゴット協奏曲 (Fagotkoncert)

室内楽曲[編集]

  • 弦楽四重奏曲第1番 (Strygekvartet nr. 1)
  • 弦楽四重奏曲第2番 (Strygekvartet nr. 2)
  • ソナタ幻想曲 (Sonatefantasi, violin og klaver)