ラルビオル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L'Albiol

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

サン・ミケル教会
サン・ミケル教会
Flag of Catalonia.svg カタルーニャ州
Bandera actual de la provincia de Tarragona.svg タラゴナ県
地域 カム・ダ・タラゴーナ
コマルカ バッシ・カム
面積 20.3 km²
居住地区数 3
標高 823m
人口 459 人 (2012年[1]
人口密度 22.61 人/km²
住民の呼称 albiolenc/-ca
L'Albiolの位置
L'Albiol
スペイン内のラルビオルの位置
L'Albiolの位置
L'Albiol
タラゴナ県内のラルビオルの位置

北緯41度15分13秒 東経1度5分27秒 / 北緯41.25361度 東経1.09083度 / 41.25361; 1.09083

ラルビオルL'Albiol[2]スペインカタルーニャ州の自治体、タラゴナ県のコマルカバッシ・カムに属する。

自治体公式名称はカタルーニャ語L'Albiolカスティーリャ語名は定冠詞のないAlbiol(アルビオル)。

カタルーニャ統計局によれば、2012年の人口は459人[1]

歴史[編集]

歴史家のアンリーク・ムレウ・レイによると、自治体名はラテン語alveoluに由来する(その意味は水が集まるところの意である)。

しかしながら、それ以前からこの地に人々が居住していたはずであるが、1158年以前にこの地名に言及した文書は発見されていない。この地の初期の支配者についてはわずかな資料しか残されていないのである。1158年バルセローナ伯ラモン・バランゲー4世がこの地の再入植を促すためにジュアン・ダ・マルトゥレル(Joan de Martorell)に与えた。その後マルトゥレルタラゴナの神学校に入会し、この地についての権利を譲った:一部はタラゴナの司教団に、残りはウーク・ダ・サルバリョー(Hug de Cervelló)司教の下に委ねた。1198年この地についての権利が聖職者全体会議において承認された。

人口[編集]

ラルビオルの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

文化[編集]

教区教会は1791年建てられ、サン・ミケルに献呈されている。建物は側面に礼拝堂を複数持つ唯一の身廊で構成されている。18世紀製作の多色彩色彫刻の聖人像を保持している。

他には1194年には言及のある古い城跡が残されている。現在、城壁の一部、城、塔などの遺構を見ることができる。

9月に、サン・ミケルの祭日に合わせ、自治体で最大の祭りが行われる。

経済[編集]

ラルビオルの主要な経済活動は農業である。主要な作物はブドウヘーゼルナッツで、オリーブがそれらに次いでいる。

また、プラチナなどの鉱床が発見されているが、まだ発掘されていない。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]