ラモン・フランコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RAMON FRANCO AÑO 1926.JPG

ラモン・フランコ(Ramón Franco y Bahamonde、1896年2月2日 - 1938年10月)はスペイン軍人である。スペイン国民戦線軍の総司令官兼国家元首に就任したフランシスコ・フランコの弟で、スペインの航空のパイオニアである。

陸軍で軍人としての経歴をはじめ1914年にモロッコで働いた。1920年にスペイン空軍に転じ、1926年の大西洋横断飛行で国民的なヒーローとなった。1926年1月22日、パロス・デ・ラ・フロンテーラを出発した、プルス・ウルトラ号(ドルニエDo J)は1月26日にアルゼンチンのブエノス・アイレスに到着した。副操縦士はJulio Ruiz de Alda Miqueleizで、他にJuan Manuel DuranとPablo Radaが乗り組んだ。グラン・カナリア島カーボベルデペルナンブーコリオデジャネイロモンテビデオを経て、59時間39分の飛行で、10,270kmを飛行した。

この飛行は世界中の新聞に取り上げられ、飛行の成功後に、マドリッドのコロン広場に数千の人々が集まった。1929年に再度大西洋横断飛行を試みるが、その時は海上に墜落し、乗組員は数日後イギリス海軍の航空母艦に救助された。

ミゲル・プリモ・デ・リベーラの独裁時代には王制に反対する立場をとり、投獄されるが、脱出することができた。1930年10月、共和制支持のパイロットたちと、航空機を奪いマドリッド王宮の爆撃を企てるが成功しなかった。ポルトガル亡命し、革命によって第二共和政が成立した後、スペインに戻った。

再び陸軍の軍人となり、航空部門の長となるが、アンダルシーアの無政府主義者の反乱に参加したことによって解雇された。バルセロナの左派共和党に加わり、政治活動に専念した。

プルス・ウルトラ号の航路

スペイン内戦が勃発した1936年7月、フランコはアメリカのスペイン大使館の空軍武官であった。政治的には左派であったが、兄がリーダーの一人であった国民戦線軍側に参加した。マヨルカ島の航空基地の隊長に任じられたが、将校たちの支持は得られなかった。1938年10月、共和国軍の地域を爆撃するための飛行の途中マヨルカ島のPollençaで水上機が墜落し死亡した。彼の飛行機の整備が充分行われなかったことによる事故であったという陰謀説もある。