ラファイエット・リーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファイエット・リーバー
Lafayette "Fat" Lever
サクラメント・キングス
名前
本名 Lafayette "Fat" Lever
ラテン文字 Lafayette "Fat" Lever
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1960年8月16日(54歳)
出身地 アーカンソー州バインブラフ
身長 191cm
体重 77kg
選手情報
ポジション ポイントガード
ドラフト 1982年 11位
経歴
1982-1984
1984-1990
1990-1994
ポートランド・トレイルブレイザーズ
デンバー・ナゲッツ
ダラス・マーベリックス

ラファイエット・リーバー(Lafayette "Fat" Lever,1960年8月18日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州バインブラフ出身のNBAで活躍したプロのバスケットボール選手。身長191cm,体重77キロ.ポジションはポイントガード。現在サクラメント・キングスのプレイヤーディベロップメントディレクターをしている[1]

キャリア[編集]

アリゾナ州立大学から1982年のNBAドラフトで1巡目全体11位でポートランド・トレイルブレイザーズに指名されて入団した。1984年にデンバー・ナゲッツに移籍した。彼はトリプルダブルを多く記録し、ナゲッツ在籍中の1980年代後期にはNBAの最良のポイントガードのうちの1人と考えられた[1]。6フィート3インチ(約191cm)と低い身長ながら彼はチームのリバウンドリーダーであり、1987-1988シーズンシカゴ・ブルズ戦では31得点、20アシスト、16リバウンド、6スティールをマークした。またあまりNBAファンに知られていないことだが彼は1シーズンの平均スコアがトリプルダブルに近かったことがあり、1988-1989シーズンには平均19.3得点、9.3リバウンド、7.9アシストをマークした[2]

1990年にドラフト1巡目全体9位の指名権及び翌年のドラフト1巡目指名権との引き換えにダラス・マーベリックスにトレードされた。ナゲッツは1990年のドラフト9番目ともともと割り当てられた15番目の指名権をマイアミ・ヒートにトレードしてドラフト全体3位の指名権を得てクリス・ジャクソンを獲得した。1992-1993シーズンには怪我のため全試合に欠場した。そして1994年シーズン終了と共に引退した。通算成績は1試合平均13.9得点、6.0リバウンド、6.2アシスト、2.22スティールであった。また彼はスティールでナゲッツの歴代トップ、アシストで歴代2位の数字を残した[1]。またプレーオフでの15得点、15リバウンド、15アシストを全てクリアした3人のうちの1人である(他にはウィルト・チェンバレンジェイソン・キッド[1]。1987年にはオールNBAセカンドチームに、1988年にはオールディフェンスセカンドチームに選ばれている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]