ラニエーリ・ダズブルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラニエーリ大公

ラニエーリ・ダズブルゴRanieri d'Asburgo, Rainer Joseph Johann Michael Franz Hieronymus, arciduca d'Austria, 1783年9月30日 ピサ - 1853年1月16日 ボルツァーノ)は、ロンバルド=ヴェネト王国の初代副王(総督)。オーストリア大公サルデーニャ王(のちイタリア王)ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の義父、ウンベルト1世の祖父である。ドイツ語名はライナー・ヨーゼフ(Rainer Joseph von Österreich)。

神聖ローマ皇帝レオポルト2世の十男として生まれる。1820年5月28日プラハにて、カリニャーノ公カルロ・エマヌエーレの娘で、後のサルデーニャ王カルロ・アルベルトの妹であるマリーア・エリザベッタと結婚した。

ラニエーリは1818年から1848年までロンバルド=ヴェネト王国の副王を務めた。彼の置かれた立場はわずかな行政責任と、ラニエーリと妻がミラノにおけるオーストリア宮廷の長と主張できるという許可であった。

1848年1月18日、ウィーンから遠くなく、政府との通信にも便利なヴェローナへと移り、ミラノを離れた。ミラノとモンツァの宮殿はマクシミリアン大公が9月に到着するまで無人のまま放置された。1848年3月17日ミラノの5日間の前夜にチロルへ移った。1853年、ボルツァーノで没した。

アデライデを除く彼の息子たちはウィーンの皇帝廟に埋葬され、彼とその妻は別の場所に埋葬された。

子女[編集]

ラニエーリは妻との間に以下の子女をもうけた。娘の一人アデライデ大公女により、ラニエーリはイタリア王家全員の先祖となった。

  • マリーア・カロリーナ(Maria Carolina, 1821年 - 1844年)
  • アデライデ(Adelaide, 1822年 - 1855年) マリーア・アデライデと改名し、1842年4月12日ストゥピニージにてヴィットーリオ・エマヌエーレ2世と結婚。
  • レオポルド(Leopoldo, 1823年 - 1898年)
  • エルネスト(Ernesto, 1824年 - 1899年)
  • シジズモンド(Sigismondo, 1826年 - 1891年)
  • ラニエーリ(Ranieri, 1827年 - 1913年)
  • エンリコ(Enrico, 1828年 - 1891年)
  • マッシミリアーノ(Massimiliano, 1830年 - 1839年)