ラッセル・T・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッセル・T・デイヴィス
Russell T Davies
ラッセル・T・デイヴィスRussell T Davies
2008年4月カーディフ中央駅前に座るデイヴィス
本名 スティーヴン・ラッセル・デイヴィス
Stephen Russell Davies
生年月日 1963年4月27日(51歳)
出生地 ウェールズの旗 ウェールズスウォンジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 脚本家、プロデューサー
活動期間 1986年 -
活動内容 ドラマ
配偶者 アンドリュー・スミス(恋人)
主な作品
ドラマ
受賞
BAFTAテレビ賞 最優秀ドラマシリーズ

ラッセル・T・デイヴィスRussell T Davies,OBE1963年4月27日 - )は、イギリス脚本家・テレビプロデューサーである。ウェールズ出身。

来歴[編集]

漫画家になることを夢見ていたが、色覚異常があったことと大学の就職指導で英文学を活かせる仕事に就くべきと勧められたために舞台・映画の脚本家を目指すようになる。オックスフォード大学卒業後、BBCにアルバイトとして雇われ子供番組の脚本や制作など様々な部署で勤めた。1990年代始めにBBCを退社しグラナダ・テレビで勤務、その後フリーランスとなる。

1994年から大人を対象とした番組の脚本を手がけるようになり、宗教や性的指向中絶など社会問題を織りまぜたテレビドラマを手掛けている。

最も大きな功績とされているのが、16年振りにシリーズを復活させ再び人気コンテンツとなった『ドクター・フー』の製作総指揮を務めたことである。スピンオフ番組の『秘密情報部トーチウッド』と『サラ・ジェーン・アドベンチャー』のプロデューサーも担当している。2008年にドクター・フーの製作総指揮から降りることが発表された後に大英帝国勲章のオフィサーに叙勲された。

私生活[編集]

幼い頃からテレビ漬けの生活であり、特に『この私、クラウディウス』や『ドクター・フー』を好んでいた。また「アステリックス」や「ピーナッツ」などの漫画も収集していた。

14歳の時に青年劇団に入り、その時に自分が同性愛者だと自覚するようになる。10年以上交際している恋人のアンドリュー・スミスがおり、彼をモデルにしたキャラクターをドラマに登場させたこともある。

現在は拠点をロサンゼルスに置いていたが、スミスの脳腫瘍の治療をサポートするため活動休止することを発表した。[1]

携わった作品[編集]

脚本[編集]

プロデューサー兼任[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Doctor Who's Russell T Davies quits to care for partner http://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-16041018

外部リンク[編集]