ヨーロッパ写真美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨーロッパ写真美術館(Maison Européenne de la Photographie)は、1996年に開設された、フランス・パリのマレ地区に存在する写真・映像資料専門の美術館。「MEP」との略称が使われることもある。また、「ヨーロッパ写真館」「ヨーロッパ写真博物館」と訳される場合もある。

概要[編集]

ヨーロッパ写真美術館が対象とするのは、現代写真(Contemporary Photography)・現代の映像資料、すなわち第二次世界大戦終結以降(1950年代以降)の写真・写真家・映像資料が中心である(下記展覧会を参照)。2万点を超えるコレクションを所蔵するという。

ブックショップやカフェが設けられている。また、図書室も設けられており、インターネット上でも蔵書検索などができるようになっている(Maison Européenne de la Photographie Bibliothèque)。

2012年時点のDirector(館長)はジャン=リュック・モンテロッソ(Jean-Luc Monterosso)、またPresident(会長)は映画批評家のアンリ・シャピエ(Henry Chapier)である。

美術館の建物は、18世紀のもの(1706年建設)であるという(フランス・ニュース・ダイジェスト)。同建物に1990年に設置された「視線の館(Maison du regard)」がもとになっている。

開催された主な展覧会[編集]

(英語版Wikipedia「Maison européenne de la photographie」(19:53, 22 February 2012)より)

参考文献[編集]

ヨーロッパ写真美術館について本格的に紹介した日本語の文献はまだない。ただ、その古めかしい建物と相俟って、美術関係では(日本人にとって)パリの観光名所の1つになっていることから、フランスやパリの旅行ガイド本(または、海外の美術館を紹介するガイド本)、やインターネット上のフランスやパリを紹介するページでは、いろいろと取り上げられ、様々な情報が紹介されている。

外部リンク[編集]