ヨハン・ルドルフ・トルベッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ルドルフ・トルベッケ

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ(Johan Rudolph Thorbecke 、1798年1月14日ズヴォレ - 1872年7月4日デン・ハーグ)、オランダ19世紀自由主義政治家ライデン大学教授。彼は1848年に改正憲法を起草し、下院直接選挙導入や下院の権限強化に寄与したことで知られる。憲法改正後、1849年から1853年まで、1862年から1866年まで、1871年から1872年まで三次にわたりオランダ内務大臣(事実上の首相)を務め、この間に、中央地方関係(第一次政権)や中等教育(第二次政権)などに関して法整備を進めた。