ウィレム・ドレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィレム・ドレースオランダ語: Willem Drees、Drace1886年7月5日1988年5月14日)は、オランダ政治家労働党所属)。1948年8月7日から1958年12月22日まで首相を務めた。死後20年以上が経過した現在でも名宰相の誉れ高く[1][2]2006年ラジオ局が実施した世論調査戦後最高の首相に選ばれた[3]

生い立ち[編集]

青年時代[編集]

1908年のドレース

1886年7月5日、アムステルダム生まれ。中等学校を経て1906年までアムステルダム市内の銀行に勤務。その後アムステルダム市議会オランダ議会にて速記者を務める。

首相就任以前[編集]

1904年社会民主労働党(SDAP、1946年に労働党に合流)へ入党し、1910年から1931年まで同党のデン・ハーグ支部長、1913年から1941年にかけてはデン・ハーグ市議会議員を歴任した[4]。この間の1919年から1941年までの22年間は南ホラント州議会議員も兼務した。

また、1927年から1941年まで党役員1933年から1940年にかけては第二院議員となった(1939年以降は議会内の会派代表)。その後、1945年6月24日から1948年8月7日まで社会問題相及び代理首相に就任。

首相時代と引退後[編集]

1948年8月7日から1958年12月22日までの10年以上、4次にわたる長期政権において首相を務める。首相在任中は脱植民地化トラウマ福祉国家の樹立、国際的な統合および協力といった少なくとも4つの政治課題に直面した時代でもあり、とくに経済協力開発機構北大西洋条約機構欧州石炭鉄鋼共同体そして欧州経済共同体設立については、国内で主導的な役割も果たした。

1958年12月に政権が崩壊すると名誉国務大臣に任命されたほか、翌年には労働党役員会議の終身委員にも選ばれた。だが労働党内で新左翼の動きが活発となるとこれに強い不満を示し、37年間近く所属してきた党を離れる。その後も高齢ながら政界に対し隠然たる影響力を発揮し、97歳まで多数の書物を出版した[5]

1988年5月14日、デン・ハーグにて死去。101歳。

エピソード[編集]

労働党会議でのドレース(1965年

脚注[編集]

  1. ^ (オランダ語) Geschiedenis VPRO
  2. ^ (オランダ語) Willem Drees beste crisismanager
  3. ^ (オランダ語) Willem Drees gekozen tot ‘Dé premier na WO II’
  4. ^ (オランダ語) Biography Willem Drees
  5. ^ (オランダ語) Biography Willem Drees
  6. ^ UEA: Reta Muzeo. Materialoj el Biblioteko Hector Hodler. 1947-1974
  7. ^ (オランダ語) Willem Drees 20 jaar dood

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • W. Drees, Gespiegeld in de tijd. De nagelaten autobiografie (Amsterdam 2000). (Memoir by Willem Drees, jr.)

外部リンク[編集]

先代:
ルイス・ベール
オランダの首相
1948-1958
次代:
ルイス・ベール