ヨハン・テオリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・テオリン(2011年)

ヨハン・テオリンJohan Theorin1963年 - )は、スウェーデンジャーナリスト推理作家ヨーテボリ生まれ。

2007年、『黄昏に眠る秋』(原題:Skumtimmen )でデビュー、同年のスウェーデン推理作家アカデミー賞の最優秀新人賞を受賞。翌2008年に発表した『冬の灯台が語るとき』(原題:Nattfåk )で、同賞の最優秀長編賞と北欧で最も優れたミステリ作品に与えられるガラスの鍵賞、更にCWA賞のインターナショナルダガー賞を受賞する。

デビュー作に始まる作品群は、幼い頃から毎年夏期を過ごしていた母方の一族の出身地であるバルト海エーランド島を舞台としており、そこで聞いた幽霊譚や民話を作品のモチーフにしている[1]

学生時代に2年間、アメリカ合衆国ミシガン州ヴァーモント州に住んでいたことがある[1]

作品リスト[編集]

エーランド島四部作
# 邦題 原題 刊行年
スウェーデンの旗
刊行年月
日本の旗
出版社
日本の旗
ISBN
1 黄昏に眠る秋 Skumtimmen 2007年 2011年4月 早川書房 日本の旗 ISBN 978-4-15-001846-7
2 冬の灯台が語るとき Nattfåk 2008年 2012年2月 早川書房 日本の旗 ISBN 978-4-15-001856-6
3 赤く微笑む春 Blodläge 2010年 2013年4月 早川書房 日本の旗 ISBN 978-4-15-001870-2
4 Rörgast 2013年 スウェーデンの旗 ISBN 978-91-46-22156-2
その他の長編
  • Sankta Psyko (2011)
短編集
  • På stort alvar (2012)

受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ハヤカワミステリマガジン』(早川書房)2010年11月号 p.45

関連項目[編集]

外部リンク[編集]