ヨッヘン・ブライケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨッヘン・ブライケン1926年 - 2005年)はドイツの古代史教授である。

セールスマンの息子として育ち、1948年から1954年までフランクフルトキール大学で、歴史学古典文献学を学んだ。彼は教授資格取得論文として、アレフレッド・ホイスの議会民主制について書き、1962年にはフランクフルト、ハンブルクで、1977年にはゲッティンゲンで教授職に就いた。

1991年には辞任したが、1999年まで講義を担当していた。専攻はローマ民主政貴族政史で、その主要なテーマはローマ民主政の構造とアウグストゥスの生涯についてであり、総じて言うと彼の研究はモムゼンのプリンキパトゥスとドミナトゥスの概念自体の批判と言える。1978年からは、ゲッティンゲン科学アカデミーのメンバーでもある。