ユーグ1世 (ヴェルマンドワ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーグ1世Hugues Ier de Vermandois, 1053年- 1101年10月18日)は、フランスアンリ1世アンヌ・ド・キエフの息子で、フィリップ1世の弟。カペー家支流の1つヴェルマンドワ家の祖である。ユーグ・ル・グラン(Hugues le Grand)、ユーグ・マニュス(Hugues Magnus)とも呼ばれる。

フランス北東部にあるピカルディ地域圏に属するヴェルマンドワ伯エルベール4世とヴァロワ女伯アデライードの娘で父母双方の女子相続人であるアデライード・ド・ヴェルマンドワと結婚し、ヴェルマンドワ伯およびヴァロワ伯となった。

破門中の兄フィリップ1世に代わって第1回十字軍に出征した後、1101年の十字軍においてタルススで死去した。

子女[編集]

アデライード・ド・ヴェルマンドワとの間に以下の子女がいる。

  • マティルド - ボージャンシー領主ラウル1世と結婚
  • イザベル - 1.初代レスター伯(ムーラン伯)ロバート・ド・ボーモンと結婚、2.2代サリー伯ウィリアム・ド・ワーレンと結婚
  • ラウル1世(1085年 - 1152年) - ヴェルマンドワ伯