ユリアン・シトコヴェツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユリアン・グリゴリェヴィチ・シトコヴェツキーロシア語: Ситковецкий, Юлиан Григорьевич, ラテン文字転写: Yulian (Julian) Grigor'evich Sitkovetsky, 1925年11月7日 - 1958年2月23日[1]ロシアヴァイオリニスト

キエフにてユダヤ系として生まれる。8歳の時にソ連を訪れていたジャック・ティボーの前で演奏して激賞された。1934年に地元の交響楽団とメンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲を演奏して脚光を浴びた。

1945年には全ソ連青少年コンクールに出場して優勝を飾った。1947年プラハのユース・フェスティヴァルのコンクールに出場し、レオニード・コーガンと第1位を分け合っている。1950年にはピアニストベラ・ダヴィドヴィチと結婚。1952年にはポーランドポズナニで開催された第2回ヴィエニャフスキ国際コンクールで第2位を獲得。1955年に開催されたエリザベト王妃国際コンクールで第2位を獲得。

1956年肺癌を発病し、闘病生活を送るも、モスクワで死去。

ベラ・ダヴィドヴィチとの間の息子ドミトリー・シトコヴェツキーもヴァイオリニストである。

  1. ^ [1]