ヤニス・イヴァノフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤニス・イヴァノフス(Jānis Ivanovs、1906年10月9日 - 1983年3月27日)は、ラトビア作曲家

プレイリ出身。1931年までリガ音楽院ピアノ作曲を学び、1933年にはヤーセプス・ヴィートリスのマスタークラスに参加している。1931年よりラトビア放送のラジオ交響楽団で指揮をするようになり、1963年まで芸術監督を勤めた。1944年よりリガ音楽院の作曲科の講師となり、1955年には作曲と楽器法の教授となった。1950年ソビエト連邦国家賞を受賞し、1965年にはソ連人民芸術家の称号を得た。

ラトビアの民謡旋律を多く使用し、ラトビアで最も重要な作曲家とみなされている。様々な種類の作品を作曲したが、21曲の交響曲と交響的絵画「虹」、ピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲チェロ協奏曲が重要である。

文献[編集]

  • Грюнфельд Н. История латышской музыки. М., 1978.
  • Хараджанян Р. Композиторы — ученики Язепа Витола. Сб. «Музыка Советской Латвии», Рига, 1988, с. 27-34 (о Я. Иванове).