モンリュソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Montluçon
Montluçon.PNG
Flag of Montlucon.svg
Montluçon1.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ地域圏
(département) アリエ県
(arrondissement) モンリュソン郡
小郡 (canton) 4
INSEEコード 03185
郵便番号 03100
市長任期 ダニエル・デュグレリー
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération montluçonnaise
人口動態
人口 38 166人
2011年
人口密度 1846人/km²
住民の呼称 Montluçonnais
地理
座標 北緯46度20分27秒 東経2度36分12秒 / 北緯46.340833度 東経2.603333度 / 46.340833; 2.603333座標: 北緯46度20分27秒 東経2度36分12秒 / 北緯46.340833度 東経2.603333度 / 46.340833; 2.603333
標高 平均:?m
最低:194m
最高:364m
面積 20.67km² (2 067ha)
Montluçonの位置(フランス内)
Montluçon
Montluçon
公式サイト mairie-montlucon.fr
テンプレートを表示

モンリュソン(Montluçon)はオーヴェルニュ地域圏アリエ県の郡庁所在地。

歴史[編集]

モンリュソンは、中世に、シェール川の曲がり目に突き立った地形が防衛上の観点から評価され、建造された都市である。11世紀にモント・リュシイ(Monte Lucii)にブルボン家が城を立てたとある記録が最古の言及である。この城は同家によって14世紀に城と城壁が再建された。

1529年にフランス王領に組み込まれた。のち、1791年に郡庁所在地となった。

フランス産業革命期には、運河鉄道による交通の便やコマントリー炭鉱に近いことなどの利点を活かし、飛躍を遂げた。この都市の住民は1830年には5000人であったが、1950年には50000人となった。

産業[編集]

炭鉱の枯渇にともない、伝統的な製鉄業やガラス製造業に代わり、化学産業、電機産業などへの転換が行われている。

観光[編集]

  • ブルボン家の城(Château des ducs de Bourbon)
  • ノートルダム教会
  • ポピュラー音楽博物館(Musée des Musiques Populaires)
  • マルクス=ドルモワ通り広場(esplande de l'avenue Marx-Dormoy)

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]