モケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モケット:Moquette)とはパイル織物布地の一種である。

材質・構造・用途[編集]

縦糸と横糸に綿糸麻糸リネン糸化学繊維などを使い、ウールや化学繊維(ポリエステルなど)の糸を織り込んで多数のパイルを作る[1]。様々な色の糸をパイルとして織り込むことにより模様をつける。

肌触りが滑らかで、耐久性が高く長持ちするため[2]、長期間にわたり使用される航空機鉄道車両バス高級乗用車の座席の表地や、絨毯椅子ソファなどに使用される。

歴史[編集]

フランスで考案され、手織りで織られていた。標準的な幅は27インチのフランドル・エルであった。英国のウィルトン織のように切ったパイルを持つ「ヴルーテ」と、ブリュッセル絨毯のように切らないパイルを持つ「ブークレ」の2種類の仕上げがあった[3]ヨークシャーではまだ伝統的な手法を使って織られている。

米国で最も有名なモケットは、ルイ16世からジョージ・ワシントンに贈られたものである。それはマウントバーノンの宴会室のために作られ、まだ見ることができる[3]

主なメーカー[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ モケット - 愛知県産業技術研究所尾張繊維技術センター
  2. ^ W. A. Gibson-Martin (1932). Ship-furnishing and Decoration. p. 71. http://books.google.com/books?id=4vogAAAAMAAJ&pgis=1. 
  3. ^ a b Mildred Jackson O'Brien (2005). The Rug and Carpet Book. p. 54. ISBN 1419151851. http://books.google.com/books?id=g3Kc6yw-OTEC.