エル (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エル(ell)は、ヤード・ポンド法系の長さの単位である。現在では使用されていない単位であり、かつては洋裁服飾関係者の間で使用されていた。

ellはelbow)と同一語源で、元は(肘を含む)から手首まで長さに由来する身体尺である。後に、肘から指先までの長さであるキュビットと関連づけられた。イギリスではキュビットの2倍(タブルキュビット)とされ、その後、タブルキュビットよりもエルは長くなった。ほとんどの地域では、エル(またはそれに相当する単位)はキュビットより少し長くなったものとなっており、現在では、エルがキュビットの別名とされることがある。服飾関係で使用される寸法が長くなるのは、尺貫法における曲尺と鯨尺の関係と同じである。

関連項目[編集]