メート・パルロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mate Parlov
Mate Parlov (crop).jpg
基本情報
階級 ライトヘビー級
身長 188cm
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
誕生日 1948年11月16日
出身地 ユーゴスラビアスプリト
死没日 2008年7月29日(満59歳没)
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 24
KO勝ち 12
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示
獲得メダル
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
男子 ボクシング
オリンピック
1972 ミュンヘン ライトヘビー級
世界ボクシング選手権
1974 ハバナ ライトヘビー級

メート・パルロヴMate Parlov1948年11月16日 - 2008年7月29日)は、クロアチアユーゴスラビア)出身の元プロボクサー。元WBC世界ライトヘビー級王者。共産圏初の世界王者となった、サウスポーの技巧派ボクサー。

略歴[編集]

スプリト生まれ。1972年のミュンヘンオリンピックライトヘビー級金メダリスト。1975年5月31日、プロデビュー。デビュー戦以来いきなり12連勝を飾る。13戦目で後の世界王者マシュー・フランクリンマシュー・サアド・モハマド)に判定で敗れ初黒星を喫したが、1976年7月10日、ドメニコ・アディノルフィを11回でKO、欧州ライトヘビー級王座を獲得した。

同タイトルを3度防衛したのを含めてその後も連勝を続け、1978年1月7日、ミラノでミゲル・アンヘル・クエリョを左ストレート一撃でKO、WBC世界ライトヘビー級王者となる。

同年6月17日、元WBC世界王者ジョン・コンテを判定で下して初防衛に成功したが、6か月後の12月2日、マービン・ジョンソンに10回でKOされ、王座を失った。

1979年12月8日、ウェイトをクルーザー級に上げ、マービン・カメルと同級初代王座を争ったが引分。翌1980年3月31日、同王座を賭け再びカメルと戦ったが、判定負けで二階級制覇はならなかった。

2008年7月29日、死去。59歳没。5か月前に肺癌の診断を受け治療中であった[1]

通算戦績[編集]

27戦24勝(12KO)2敗1引分

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Canadian Press (2008年7月30日). “Olympic, world champion boxer Mate Parlov dies of cancer at age 59”. 2008年7月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ミゲル・アンヘル・クエリョ
第8代WBC世界ライトヘビー級王者

1978年1月7日 - 1978年12月2日

次王者
マービン・ジョンソン