メトヴォルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フローニンゲンのメトヴォルスト

メトヴォルスト(MetworstまたはDroge worst)は、オランダの伝統的なソーセージである。非常に強い香りがする。生の豚ひき肉を乾燥させて作る。

Droge worstとは、乾燥ソーセージという意味で、その製法と食感に由来している。ドイツメットヴルスト(Mettwurst)と名前が似ているが、似ているのは名前だけであり、その食味や製法は大きくことなっている。

メトヴォルストは、オランダやフランドル全体で伝統的に見られるが、ソーセージを乾かすのに都合のよい風が吹く北部(フローニンゲン州フリースラント州ドレンテ州)で特に盛んに生産されている。

メトヴォルストは保存性が良いため、新鮮な肉が手に入らない時の貧しい農家の緊急食として食べられていた。肉の生産量がだんだん増えてくると、このソーセージは、野外労働者のランチに食べられるようになった。

出典[編集]