フローニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フローニンゲン
Gemeente Groningen
Martini Toren.JPG
マルティニ教会
Flag Groningen city.svg Coat of arms of Groningen.png
基礎自治体旗 基礎自治体章
位置
の位置図
座標 : 北緯53度13分06秒 東経6度34分00秒 / 北緯53.218375度 東経6.566756度 / 53.218375; 6.566756
行政
オランダの旗 オランダ
 (Provincie) フローニンゲン州の旗 フローニンゲン州
 基礎自治体 フローニンゲン
地理
面積  
  基礎自治体域 83.69 km2
    陸上   79.59 km2
    水面   4.1 km2
人口
人口 (2008年現在)
  基礎自治体域 184,754人
    人口密度   2,321人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
市外局番 050
公式ウェブサイト : http://www.groningen.nl

フローニンゲンオランダ語Groningen)はオランダフローニンゲン州にある基礎自治体ヘメーンテ)で、オランダ北部における商工業の中心都市。

歴史[編集]

この街はオランダで最も北にある砂丘列(ホンドスラフ、Hondsrug)の上に造られている。歴史書に初めてこの町が登場するのが1040年のことである。しかしながら、考古学的資料よりこの場所には紀元前3950年から3720年の間の遺構が残されている事から、この頃には既に人が住むようになっていたと考えられる。紀元前3世紀頃には大規模な集落が存在したことが発掘により分かっている。13世紀にはフローニンゲンは城壁に囲まれた重要な商業都市であった。15世紀末にはフリースラント地方を統括する都市として、この地域に大きな影響を与えていた。この頃、旧市街中心にあるマルティニ教会の塔も建てられた。高さ127mのこの塔は当時ヨーロッパで最も高い塔であった。ネーデルラントがスペインから独立する契機となった1568年から1648年にかけての80年戦争において、ネーデルラント側に加勢したフローニンゲンは、後にネーデルラント連邦共和国に加わり独立都市の地位を失った。1614年にはフローニンゲン大学が設立され、主に宗教教育を行うようになる。また、ほぼ同時期に市街地拡張のため新しい城壁が築かれた。1672年の第三次英蘭戦争で、この城壁が敵の攻撃に対して見事に耐えたことを称えて、現在8月28日の花火祭が行われている。第二次世界大戦では旧市街のフローテ・マルクト広場周辺が大規模に破壊された(1945年のフローニンゲンの戦い)。

1652年の地図

地区[編集]

フローニンゲン基礎自治体には次の地区がある。




交通[編集]

航空

フローニンゲン・エールデ空港が街の南約10kmにあるが、旅客便はほとんど運航されておらず、2008年現在、bmiがイギリスのアバディーンへの定期便を運航しているのみ。

道路

高速道路A 7A 28が自治体内を通過している。

鉄道

オランダ鉄道フローニンゲン駅からの主な列車は、アムステルダム南駅経由スキポール駅行きインターシティが1時間に1本(アムステルダムまでの所要時間、2時間30分)、ユトレヒト経由デン・ハーグ中央駅行きインターシティが1時間に1本運行されている。

自転車

大学生の多い街であること、また市街地の自動車利用を抑制する都市計画が採られていることから、フローニンゲンは自転車が全国的によく活用されているオランダにおいても、特に自転車利用の多い街として知られる[1]

ガス田[編集]

1959年に発見されたフローニンゲン・ガス田は南北45km・東西25kmの大きさで、世界で10本の指に入る埋蔵量を有する。1963年の生産開始以来、その60%を生産したが、まだ50年は保つと言われる。現在ロイヤルダッチシェルエクソンモービルが共同で操業している。

主な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目ほか[編集]

発音表記について

オランダ語のGの発音は日本人には難しいためにグローニンゲンと表記されることもある。また、フローニンヘンと表記される事もあるが、ngで一つの子音のため、適切な表記とは言えない。実際の発音はフローニゲンに近い。

外部リンク[編集]

座標: 北緯53度13分06秒 東経6度34分00秒 / 北緯53.218375度 東経6.566756度 / 53.218375; 6.566756