ムアンラムプーン郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯18度34分42秒 東経99度1分6秒 / 北緯18.57833度 東経99.01833度 / 18.57833; 99.01833

ムアンラムプーン郡
位置画像
ムアンラムプーン郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเมืองลำพูน
ラムプーン県
地理番号 5101
郵便番号 51000
統計
面積 485.6 km2
人口 97,119 人 (2006年)
人口密度 200.0 人/km2
行政
テンプレートを表示

ムアンラムプーン郡はタイ北部・ラムプーン県にある郡(アムプー)である。ラムプーン県の県庁所在地(ムアン)でもある。

名称[編集]

ラムプーンとはハリプンチャイの訛った発音である。『年代記』にはラムプーンチャイなど様々な形で名称が登場する。

日本語ではランプーンラムプンランプンなどとも。

歴史[編集]

ワット・クークット(ワット・チャーマテーウィー)

おおよそ9世紀頃、チャーマデヴィー女王によって建設され、モン族ハリプンチャイ王国の首都として機能してきた。ハリプンチャイは、チャオプラヤー川の支流であるピン川上流にあり、水流を生かした交易で栄えた。ハリプンチャイ王国は、13世紀ごろからタイ族がこの地域に住み着くようになり、脅かされるようになる。

タイ族の有力な酋長の一人であったマンラーイ王はアイ・ファーと呼ばれるスパイをラムプーンに送り攻撃の機会をねらったがついに1292年にハリプンチャイ王国は陥落した。マンラーイ王はラムプーンに住み、2年後にはウィエンクムカームに移住し、アイ・ファーがラムプーンの支配者となった。

しかし、新興勢力であったマンラーイはウィエンクムカームからさらに北のチエンマイに首都を移しいわゆるラーンナー王朝と呼ばれる王朝を作る一方で、モン族の文化を尊重し吸収した。これの良い例がワット・クークットと呼ばれる仏塔である。

また、その文化吸収の過程でラムプーンはチエンマイの衛星都市となる。『ムーラサーサナー』と呼ばれる歴史書ではほとんどと言って良いほどチエンマイに言及するときはラムプーンにも言及している。歴代のラーンナーの王はラムプーンには信頼できる高官を起き、自ら赴き滞在することもあった。

しかし、1558年に始まるビルマの統治を経て、ラムプーンの地位は低下していき、1780年代までにはほとんど廃墟と化してしまった。ラーンナー王朝を復興させたチエンマイの君主、カーウィラは1796年からチエンマイ、ラムプーンに戦争捕虜などを強制移住させ、ラムプーンを再建しカーウィラの弟セーティーカムファンを1805年に国主の座につけた。これ以降、カーウィラのチェットトン王家によるラムプーンの支配が続いた。

その後、ラーマ5世(チュラーロンコーン)はチャクリー改革を行いタイ全土の中央集権化を目指す。ラーマ5世亡き後の1922年、アムプームアン・ラムプーン(ラムプーン県庁所在地)としてラムプーン県の下位の法人としてのラムプーン市が成立。1943年にラムプーン最後の君主、チャクラカムカチョーンサック少将が有名無実となっていた王位を退き、名実共に内務省の管轄下となった。

地理[編集]

ピン川が形成した台地に位置し、郡内はほとんど平地である。郡内の一部に、メー・タクライ国立公園が広がる。

経済[編集]

ロンガン(果実)の生産が盛んである。他、シルクの零細産業など。

行政区分[編集]

ラムプーン市は17のタムボンがあり、その下位に158の村(ムーバーン)がある。郡内には4つの自治体(テーサバーン)が設置されており、以下のようになっている

  • テーサバーンムアン・ラムプーン・・・タムボン・ナイムアン全体
  • テーサバーンタムボン・ウモーン・・・タムボン・ウモーンの全体
  • テーサバーンタムボン・リムピン・・・タムボン・リムピンの全体
  • テーサバーンタムボン・バーンペーン・・・タムボン・バーンペーンとタムボン・ノーンナームの一部

なお、市内には12のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)が設置されている。

  • タムボン・ナイムアン・・・ตำบลในเมือง
  • タムボン・ムアンガー・・・ตำบลเหมืองง่า
  • タムボン・ウモーン・・・ตำบลอุโมงค์
  • タムボン・ノーンチャーンクーン・・・ตำบลหนองช้างคืน
  • タムボン・プラトゥーパー・・・ตำบลประตูป่า
  • タムボン・リムピン・・・ตำบลริมปิง
  • タムボン・トントン・・・ตำบลต้นธง
  • タムボン・バーンペーン・・・ตำบลบ้านแป้น
  • タムボン・ムアンチー・・・ตำบลเหมืองจี้
  • タムボン・パーサック・・・ตำบลป่าสัก
  • タムボン・ウィエンヨーン・・・ตำบลเวียงยอง
  • タムボン・バーンクラーン・・・ตำบลบ้านกลาง
  • タムボン・マクアチェー・・・ตำบลมะเขือแจ้
  • タムボン・シーブワバーン・・・ตำบลศรีบัวบาน
  • タムボン・ノーンナーム・・・ตำบลหนองหนาม

参考文献[編集]

  • Ongsakul, Sarassawadee, History of Lan Na, trans. Chitraporn Tanratanakul, Chian Mai: Silkworm Books, Thai text 2001, English text 2005, ISBN 9789749575840

外部リンク[編集]