ミミズハゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミミズハゼ属
Luciogobius guttatus.jpg
ミミズハゼ Luciogobius guttatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ハゼ亜目 Gobioidei
: ハゼ科 Gobiidae
亜科 : ゴビオネルス亜科 Gobionellinae
: ミミズハゼ属 Luciogobius
Dôtu, 1957
英名
flat-headed goby

本文参照

ミミズハゼ(蚯蚓鯊)は、スズキ目ハゼ科ミミズハゼ属Luciogobius )に分類されるハゼの総称。狭義にはその中の一種 Luciogobius guttatus の和名である。

和名どおりミミズのような形をしたハゼで、日本では河口海岸などでよく見られる。

概要[編集]

日本を含む東アジアに分布する。全長はどれも5cmから10cmほど。頭は上から押しつぶされたように平たいが、体は和名どおりミミズのような細長い円筒形をしている。はごく小さく、皮膚はヌルヌルした粘液で覆われる。各ひれは円みを帯びる。体色は濃い緑褐色や黒褐色などだが、地下水中に生息するイドミミズハゼやドウクツミミズハゼはピンクやベージュに近い体色をしている。

ハゼというより小さなウナギドジョウのような外見をしている。また、ハゼの仲間は背びれが2つあることと、左右の腹びれが融合して吸盤状になっていることが特徴だが、ミミズハゼの仲間の背びれは体の後半部分に1つしかなく、腹びれは小さくて目立たない。

海岸河口などの汽水域、一部は汽水域付近の地下水中にも生息する。石や砂利、砂粒の間にひそんでいて、長くヌルヌルした体は石や砂粒の間をすり抜けるための適応と考えられる。地表水に接した石や砂利などの間隙は地下水の帯水層伏流水などと連続した環境であり、地下水性のミミズハゼの生息環境と、そうでないミミズハゼの生息環境は、ひとつながりとなっている。食性は肉食性で、小さなゴカイヨコエビなどを捕食する。

干潮時に石をひっくり返すとよく見つかり、川遊びや磯遊びの中で目にする機会が多い。ただし動きは素早く、すぐに近くの石の下へ逃げこむ。手で捕えてもわずかな隙間を突いて逃げようとする。泳ぎが素早いので水中では発見や捕獲が難しい。ただし飼育は容易で、汽水であれば塩分濃度には特にこだわりなく飼える。また、釣り餌や食用にも利用される。このような利用に際し、地方によっては転石海岸の波打ち際で、石の隙間に生のイカの足をさし入れ、食いついてくるミミズハゼを釣り上げる方法で、釣り針も使わずに容易に捕らえている。

産卵期はで、この時期にはオスの頬が左右に張り出す。一方メスは卵巣が肥大し、腹が大きく白っぽくなる。多くのハゼ類と同様に、石の下などに産卵し、卵が孵化するまでオスが卵を保護する。孵化した稚魚は一旦へ下り、体長1cmくらいまで成長した後に再び汽水域へ戻ってくる。寿命は数年ほどとみられる。

おもな種類[編集]

イドミミズハゼやドウクツミミズハゼを除けば外見はどれもよく似ている。日本に分布するミミズハゼ類は十数種類とされている[1] が、それらの種分化についてはまだ研究が進んでいる最中で、将来的には20種類を超えるとも云われる[2]

ミミズハゼ Luciogobius guttatus Gill, 1859

全長8cmほど。日本全国に分布し、日本以外でも中国から朝鮮半島沿海地方まで分布する。琉球列島(奄美大島以南)のミミズハゼはミナミヒメミミズハゼとして絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト)に指定されている。

オオミミズハゼ Luciogobius grandis Arai, 1970

全長は10cmに達し、ミミズハゼ類の中では最大種。日本全国に分布する。

イドミミズハゼ Lucigobius pallidus Regan, 1940

全長7cmほど。体色はピンク色で、目が退化している。分布域は西日本各地に点在し、河口域の砂の中で生活している。和名は海岸近くの井戸から採集されたことに由来する。記録された地点は多いが地下生活をするので生態や個体数は謎が多い。
準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

ドウクツミミズハゼ Luciogobius albus Regan, 1940

全長5cmほど。イドミミズハゼに似ているが、頭が大きい。1931年に島根県中海の大根島で発見され、その後1970年と2005年に長崎県五島市でも発見されたが、今のところ他の記録が無い。記録が少ない上に生息地の環境悪化も重なっており、絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト)に指定されている。

関連項目[編集]

  1. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2013). Species of Luciogobius in FishBase. June 2013 version.
  2. ^ Kanagawa, N., et al. (2011). Two new species of freshwater gobies of the genus Luciogobius (Perciformes: Gobiidae) from Japan. Bull Kanagawa Prefect Mus (Nat Sci) 40, 67-74.