マーティン・ビーヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tokyo String Quartet(左端がビーヴァー)

マーティン・ビーヴァー(Martin Beaver, 1967年11月10日 - )は、カナダ出身のヴァイオリニストジョンズ・ホプキンス大学音楽院教授を経て、イェール大学音楽学部教授。

経歴[編集]

4歳でヴァイオリンを始める。12歳でトロント王立音楽院に入学、ヴィクトル・ダンチェンコに師事。

1987年から90年にかけて、インディアナ大学ジョゼフ・ギンゴールドに師事。また、ヘンリク・シェリングユーディ・メニューインのマスタークラスに出席。

1992年にトロント交響楽団とバッハの協奏曲でソロデビュー。1998年にはトロント弦楽四重奏団およびトリスケリオンの創設メンバーになる。

ラヴィニア音楽祭(ライジング・スター・シリーズ)、シアトル室内楽フェスティバル、ボストン室内楽協会などで高評を博す。ソリストとしてはカナダのすべての主要オーケストラをはじめ、サンフランシスコ交響楽団、ベルギー国立管弦楽団など世界各地のオーケストラと共演している[1]

2002年より、ミハイル・コペルマン英語版の後を引き継いで、東京クヮルテットに5代目の第1ヴァイオリン奏者として加入。使用楽器は1727年ごろ制作された、ストラディヴァリウス(通称パガニーニ・カルテットのうちの1つ)。

受賞[編集]

[1]


脚注[編集]