ジョーゼフ・ギンゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョーゼフ・ギンゴールドジョゼフ・ギンゴルド、正しい発音はギンゴルトであるが、日本ではギンゴールド、ジンゴールドと表記されることが多い)(Josef Gingold, 1909年10月28日 - 1995年1月13日ポーランドブレスト・リトフスク生れのアメリカ人ヴァイオリニスト・音楽教育家。ウジェーヌ・イザイの弟子。

1920年アメリカ合衆国に移民し、ヴァイオリンウラディーミル・グラフマンに師事。1926年ニューヨークでデビュー。1927年に母と共にヨーロッパへ渡り、ブリュッセルウジェーヌ・イザイに学ぶ。ベルギー、フランス、オランダ等で演奏活動を行った後、大恐慌のさなかにアメリカに戻る。そして家計を支えるために、ブロードウェイ等のオーケストラでヴァイオリンを弾く。1937年にオーディションを受けてアルトゥーロ・トスカニーニ指揮のNBC交響楽団に入団。7年間そこに留まった後、デトロイト交響楽団のソロ・コンサートマスターに就任して1947年まで在籍し、ジョージ・セルの依頼によって、クリーヴランド管弦楽団コンサートマスターに就任した。そして、1960年に退団してインディアナ大学ブルーミントン校の教職に就き、亡くなるまで教育活動を続けた。

アメリカのヴァイオリンの名教師として、イヴァン・ガラミアンドロシー・ディレイと並び称され、ミリアム・フリードハイメ・ラレードジョセフ・シルヴァースタインジョシュア・ベルギヨーム・スュートルコーリー・ツェロヴセクマーティン・ビーヴァーら数多くの著名なヴァイオリニストを育てた。また同時に、数多くのヴァイオリン譜の校訂やヴァイオリン教則本の監修をしている。

エリザベート王妃ヴィニャフスキパガニーニシベリウスチャイコフスキーレーヴェントリット等の国際コンクールで審査員、審査委員長を務め、1982年には自らインディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールを設立した。

ENHARMONICレーベルから若い頃の録音を復刻したCDが出された。

ハラルド・エッゲブレヒト著『ヴァイオリンの巨匠たち』(出版:アルファベータ、2004年、 ISBN 4871984621)において、往年の名ヴァイオリニストとともに言及されている。

ジョシュア・ベルデッカからリリースしたクライスラーの小品集は、彼に献げられている。