マーク・サンドリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーク・サンドリッチMark Sandrich 1900年8月26日ニューヨーク州ニューヨーク生まれ – 1945年3月4日カリフォルニア州ハリウッドで死亡)はユダヤ系アメリカ人映画監督作家プロデューサー

1930年代から1940年代初期の映画監督の一人で、映画業界に入った時にはコロンビア大学エンジニアリングの学生だった。映画のセットに友人を訪ねた際、監督の撮影準備の問題に気づいてアドバイスをする。

その後撮影備品部門で映画界に入り、1927年に短編コメディ専門の映画監督となる。

その翌年最初の長編を作ったが、トーキー映画出現後短編に戻る。

1933年、短編『So This Is Harris! 』を監督しアカデミー賞を獲得する。

その後再度長編作品、特にコメディに着手し、バート・ウイーラーロバート・ウールジーを主役にしたチームで『メリケン万歳爆走の巻』を撮影する。

1934年、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのミュージカル『コンチネンタル』を監督。興行的に成功する。

1935年、『トップ・ハット[』を監督。

その後『艦隊を追って』、『踊らん哉』、『気儘時代』などを監督。

1940年、RKOからパラマウント映画へ移籍し、監督だけでなくプロデューサーをする機会を得る。

1942年1月、アメリカが第二次世界大戦に参戦した直後にフレッド・アステアビング・クロスビー主演、アーヴィング・バーリン音楽のミュージカル・コメディ『スイング・ホテル』が公開される。同じ女性をめぐりクロスビーとアステアがライバル同士を演じ、クロスビーの歌う「ホワイト・クリスマス」はその挿入歌として使われた。

1943年、『われら誇りもて歌う』は彼の監督及びプロデュース作品で、エイドリアン・ブースジョージ・リーヴスを主演させた。

1945年、『スイング・ホテル』の続編、ビング・クロスビー主演でアーヴィング・バーリンの音楽を特徴としている『ブルー・スカイ』のテスト撮影中、突然心不全で死亡し、Home of Peace Cemeteryに埋葬される。

全米監督協会会長就任中でもあった。

彼の息子マーク・サンドリッチJr.ジェイ・サンドリッチも監督となる。

主な映画[編集]