マルメタピオカガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルメタピオカガエル
Lepidobatrachus laevis.jpg
マルメタピオカガエルの亜成体
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
: ツノガエル科 Ceratophryidae
: タピオカガエル属 Lepidobatrachus
: マルメタピオカガエル L. laevis
学名
Lepidobatrachus laevis
Budgett, 1899

マルメタピオカガエルLepidobatrachus laevis)はタピオカガエル属に分類されるカエル

分布[編集]

標高200m以下の、アルゼンチンパラグアイボリビアチャコ地帯に分布する[1]

形態[編集]

体長11-12cmとタピオカガエル属最大種。体色は緑色がかった灰色で、オレンジ色の斑点がある。腹部は白っぽい。雄の成体は喉が青黒くなる。

雄は雌の半分くらいの大きさにしかならない[2]

頭部は大きく、体長の1/3程度を占める。口は幅広く、上顎には歯が、下顎の中央付近にも2本の牙がある[2]。名前の通り虹彩は常に丸い。

生態[編集]

川沿いのに生息する。乾季になり水がなくなると泥で繭を作り休眠する。外敵に襲われると体を膨らませて威嚇し、噛み付く[2]

水中・泥中から眼だけを出して獲物を待ち伏せる[2]。食性は動物食で、昆虫類甲殻類魚類両生類等を食べる。口が大きいため、大きな獲物でも食べることができる。

繁殖形態は卵生で、雨季に1回に2000個程の卵を産む。成長がめざましく速く、幼生は1ヶ月程で4-5cmの亜成体になる。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることがあり、日本にも輸入されている。主に繁殖個体が流通する。 以前は同じユビナガガエル科のツノガエルのような浅い水で飼われていることもあったが、本種は完全水生種なので鼻孔が水面から出る程度の水深のあるアクアリウムベアタンクで飼育する。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Lucy Aquino, Ignacio De la Riva, Jorge Céspedez (2004年), Lepidobatrachus laevis, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.1. (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/57111 2014年6月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d Lepidobatrachus laevis in amphibiaweb”. 2014年6月16日閲覧。
  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、249頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド カエル2 南北アメリカ大陸と周辺の島々のカエル』、誠文堂新光社、2006年、103頁。

関連項目[編集]