マルゲリータ・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=オルレアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルゲリータ・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=オルレアンス
マルゲリータ・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=オルレアンス

マルゲリータ・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=オルレアンス(Margherita Luisa di Borbone-Orléans, 1645年7月28日 - 1721年9月17日)は、トスカーナ大公コジモ3世の妃。フランス語マルグリット・ルイーズ・ドルレアン(Marguerite Louise d'Orléans)。

ルイ13世の弟オルレアン公ガストンと、2度目の妃マルグリット・ド・ロレーヌロレーヌ公ニコラ2世の妹)の娘として、ブロワ城で生まれた。1652年、ジュール・マザラン枢機卿によりトスカーナ大公子コジモとの婚約が画策され、1661年にコジモと結婚した。

敬虔な姑ヴィットーリアの薫陶よろしく信仰に篤い夫と、華やかな宮廷育ちの奔放なマルゲリータは性格が合わなかった。フェルディナンドアンナ・マリーアジャン・ガストーネの3子をもうけたものの、1675年に夫と子供たちを置いてフランスに帰国し、パリで1721年に没した。