ヴィットーリア・デッラ・ローヴェレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィットーリア・デッラ・ローヴェレ(ユストゥス・サステルマンス画)

ヴィットーリア・デッラ・ローヴェレ(Vittoria Della Rovere, 1622年2月7日 - 1694年3月5日)は、トスカーナ大公フェルディナンド2世・デ・メディチの妃。

ウルビーノ公子フェデリーコ・ウバルド・デッラ・ローヴェレと、クラウディア・デ・メディチの一人娘として、ペーザロで生まれた。父の死後、母がオーストリア大公レオポルト5世と再婚したため、デッラ・ローヴェレ家で養育された。彼女は敬虔なカトリック教徒として育った。

1623年、ヴィットーリアは従兄フェルディナンドと婚約し、1634年に結婚した。祖父フランチェスコ・マリーア2世・デッラ・ローヴェレが亡くなると、ウルビーノ公家の推定相続人となったが、公国はローマ教皇ウルバヌス8世により教皇領として吸収され、世襲はならなかった。メディチ家はデッラ・ローヴェレ家の豊富な芸術コレクションを受け継ぎ、これらは現在ウフィツィ美術館ピッティ宮殿で見ることができる。

2児が幼くして亡くなり、1642年に生まれた長男コジモの教育を巡って、近代的な教育をしたい夫フェルディナンドと対立した。結局、ヴィットーリアが厳格なカトリック教育を少年に強いた。二男フランチェスコ・マリーアは1660年に生まれた。

フェルディナンドとヴィットーリアの結婚生活は不幸だったため、賢明にも何年も別居した。老齢になるとヴィットーリアはモンタルヴェ修道院に長期滞在した。ヴィットーリアは1694年にピサで亡くなった。

子女[編集]