マリー・ド・フランス (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ド・フランス
誕生 本名不明
12世紀
死没 不明
職業 詩人
活動期間 中世
ジャンル レー、寓話、聖人伝
代表作 マリー・ド・フランスのレー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マリー・ド・フランス(Marie de France)は、12世紀後半にイングランドで活動したフランス生まれの詩人である。彼女の初期の人生はよくわかっていない。マリーは古フランス語で書いたが、アングロ=ノルマン語で筆写されたため、マリーの作品の写本のほとんどはアングロ=ノルマン語の特徴を有している。マリーはまたいくつかのラテン文学の翻訳もした。

概要[編集]

マリーの本名は謎である。「マリー・ド・フランス」と呼ばれるようになったのは、出版した本に書かれてあった「Marie ai nun, si sui de France(私の名はマリーで、フランスの出身です)」という1行に由来する。その正体について、いくつかの名前が挙がっている。アンジュー伯ジョフロワ4世の庶子でヘンリー2世の異母姉妹にあたり後にシャフツベリー (Shaftesbury尼僧院長となったマリー(メアリー)、レディング尼僧院長のマリー、スティーヴン王の娘のブローニュ女伯マリー、バーキング尼僧院長のマリー[1]、そしてヒュー・タルボットの妻マリー・ド・ムーランである[2][3][4]

4つの作品がマリー・ド・フランスのものとわかっている。

研究家たちはマリーの作品の製作年は、最も早いもので1160年頃、最も遅いもので1215年頃の間だとしていて、4つの作品が書かれたのは1170年頃から1205年までの間だろうとされている。作品の1つの『レー』は「高貴なる王」と「ウィリアム伯」に捧げられている。「王」とはヘンリー2世か、その長男の若ヘンリー王のどちらかだろうと考えられている。問題は「ウィリアム伯」であるが、ウィリアム・ド・マンデヴィル (enもしくはウィリアム・マーシャルではないかと考えられる。

マリー・ド・フランスはヘンリー2世とその王妃アリエノール・ダキテーヌの宮廷のメンバーだったと推測されている。1816年、イギリスの詩人マティルダ・ベサム=エドワーズ (Matilda Betham-Edwardsは、8音節の語の二行連で書いた“The Lay of Marie”(マリーのレー)の中で、マリー・ド・フランスに関する長い詩を書いた。

脚注[編集]

  1. ^ Rossi, Carla (2007). Marie, ki en sun tens pas ne s'oblie; Maria di Francia: la Storia oltre l'enigma. Rome: Bagatto Libri.
  2. ^ Holmes, Urban T. (1932), "New thoughts on Marie de France", Studies in Philology 29: 1-10
  3. ^ Grillo, Peter R. (1988), "Was Marie de France the Daughter of Waleran II, Count of Meulan?", Medium Aevum 57: 269-273
  4. ^ Pontfarcy, Yolande de (1995), "Si Marie de France était Marie de Meulan", Cahiers de Civilisation Medievale (Xe-XIIe Siecles) 38: 353-61

参考文献[編集]

  • 高頭麻子「おとぎの国の恋-マリ・ド・フランス」、『フランス中世文学を学ぶ人のために』(世界思想社、2007年)所収
  • 渡邉浩司「〈ブルターニュの短詩〉に見られる〈口承性〉をめぐる考察」、『ケルト 口承文化の水脈』(中央大学出版部、2006年)所収

関連項目[編集]

外部リンク[編集]