二行連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二行連(にぎょうれん;二行連句対句couplet, カプレットカプリットクプレ)は2行で1組の韻文)。通常押韻され、同じ韻律を持っている。文化によっては、それぞれの文化に関連した装飾的な伝統を持っている。たとえばアフリカでは部族の精神的指導者が主に用いる。

西洋詩の二行連[編集]

伝統的に西洋の二行連は効果的な押韻であるが、すべての二行連が押韻されているわけではない(同様に、詩は空白を用いて二行連を区分する)。iambic pentameter(弱強五歩格)の韻律を持つ二行連はヒロイック・カプレットheroic couplets, 英雄対句英雄対韻句英雄対連英雄詩体英雄詩体二行連句英雄二行詩 )と呼ばれる。エピグラム(警句)も二行連で作られる。さらに、シェイクスピア風ソネット(シェークスピア風十四行詩)の最後の二行連のように複雑な押韻構成を持つ場合もある。

押韻された二行連は、詩の中でも、最も単純な押韻構成のうちの1つである。ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』はこの押韻された二行連を使って書かれている。17世紀ジョン・ドライデン18世紀アレキサンダー・ポープは、ともにヒロイック・カプレットで書いた詩が有名である。

押韻された二行連では、押韻がすぐ来るので、押韻それ自体に気が取られる傾向がある。押韻された良い二行連は、押韻およびすぐ終わることの両方から「ピリッ」とした傾向にある。次に挙げるのは、押韻の響き同様に、その「ピリッ」とした感覚を持った好例である。

True wit is nature to advantage dress’d;
What oft was thought, but ne’er so well express’d.
-- アレキサンダー・ポープ『批評論』Part II


Whether or not we find what we are seeking
is idle, biologically speaking.
-- エドナ・ミレイ 『I Shall Forget You Presently』の最後の二行連

一方で、押韻された二行連は押韻構成が予測がつくため、人工的でとぼとぼ歩きしているように感じられるかも知れない。ポープは18世紀当時の予測のつく押韻を(二行連を使って)次のように茶化した。

Where-e'er you find "the cooling western breeze,"
In the next line, it "whispers through the trees;"
If crystal streams "with pleasing murmurs creep,"
The reader's threatened (not in vain) with "sleep."
(大意)あなたが「the cooling western breeze(冷たい西のそよ風)」という言葉を見付けたら、きっと次の行に「whispers through the trees(木々を抜けるささやき)」という言葉がくる。もし水晶が「with pleasing murmurs creep(心地よい響きをたてて)」動くのなら、読者は「sleep(眠気)」に誘われる(効果がないわけではない)。

中国の對聯[編集]

中国では「8」はラッキーナンバーと考えられている。そのため中国の對聯对联、英語:Duilian)は4つの漢字が2行で8文字になる。詳細は、zh:对联en:Duilianを参照。

南アジアの二行連[編集]

タミル語のクラル(en:Kural)もまた押韻された二行連である。ティルヴァッルヴァルの『ティルックラル』(en:Thirukkural)はクラルで書かれた有名な本(箴言集)である。

関連項目[編集]