マリーア・フランチェスカ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
少女時代のマリーア・フランチェスカ王女

マリーア・フランチェスカ・アンナ・ロマーナ・ディ・サヴォイアMaria Francesca Anna Romana di Savoia, 1914年12月26日 ローマ - 2001年12月7日 マンドリュー=ラ=ナプール)は、イタリアヴィットーリオ・エマヌエーレ3世とその王妃でモンテネグロ王ニコラ1世の娘であるエレナの間の四女、末娘。

1939年1月23日、パルマ公ロベルト1世の息子の1人で、オーストリア皇后ツィタの同母弟であるルイジ(ルイ)と結婚し、間に4人の子女をもうけた。子供たちは全てカンヌで誕生している(名前はフランス語表記で示す)。

  • ギー・シクスト・ルイ・ロベール・ヴィクトル(1940年 - 1991年)
  • レミ・フランソワ・グザヴィエ・ルイ・ロベール・ヴィクトル(1942年 - )
  • シャンタル・マリー・エレーヌ・シャルロット(1946年 - )
  • ジャン・ベルナール・レミ(1961年 - )